オシャレ番長PT武田修二の、
~メンタル&ボディコンディショニングコラム~88

 

 

こんにちは(^ ^)

 

 

さて、今回は

 

 

臨床で必ずと言っていいほど行う
ROM-ex、関節モビライゼーションをする際に、
改めて確認してもらいたいポイント

 

 

を、お伝えしようと思います。

 

 

まずROM-ex、関節モビライゼーションをする前に、
対象となる関節の形状、運動軸を
意識するようにしましょう。

 

 

学生時代に誰もが習いましたよね!

 

 

しかし全ての関節がどんな形状だったか、
運動軸は何軸性だったか覚えておくのは
正直大変ですよね^^;

 

 

運動学などの教科書だけ見ると、
文章で説明されているので、
イメージがつきにくく
なかなか覚えられません。

 

 

そのため覚えるために
自分が今日意識してみた関節を
その日の内に骨模型で
確認してみるようにしましょう。

 

 

そのあと教科書などで
もう一度見てみると
関節の動きがイメージしやすくなりますよ。

 

 

今回はどのように関節の形状、運動をイメージして、
ROM-exや関節モビライゼーションを
行えば良いか、
膝関節を例にして考えていきたいと思います。

 

 

まず膝関節は
螺旋関節で1軸性関節です。
螺旋関節の特徴は

 

 

「一方の関節面が隆起、他方が溝状となる」

 

 

とされています。
そして

 

 

「運動軸は骨の長軸と直角ではなく、
鋭角で交わり、運動は螺旋状となる」

 

 

とあります。
膝関節には生理的外反がありますよね。

 

 

これは大腿骨内側顆の関節面が外側顆より広いため、
前額面から見ると脛骨は外転し、
大腿骨は内転しているからです。

 

 

となると先程書いたように
運動軸は骨の長軸と直角ではなく、
膝の屈伸運動の際に
回旋運動が必要となるんです。

 

 

そして膝関節の屈伸運動に伴い
スクリューホームムーブメントという
動きがありましたよね。

 

 

これも大腿骨内側顆、外側顆の関節面の
大きさの影響によって引き起こされます。

 

 

まずスクリューホームムーブメントとは
OKCの場合、膝関節の最終伸展15度程度で
わずかに下腿が外旋(大腿が内旋)
する動きのことを指します。

 

 

日本語では終末回旋運動です。

 

 

この動きは
内側顆の方が大きいため早く転がり、
その結果
脛骨の外旋するために起こります。

 

 

今回の画像のように内側顆の関節面が
顆間窩方向へ斜めに走行して、
より脛骨の外旋を誘導する形になっています。

 

 

画像のライン上から
ずれないように伸展すると脛骨が外旋します。

 

 

この回旋と同時に
ころがり、すべり運動があり、
これらが複合的に滑らかな運動を
起こすことで膝関節の運動が
可能となります。

 

 

この運動から逸脱してしまうと
関節に問題が生じ、痛みが出現するので
正常な運動からどの範囲で制限が起こるのか
といったところを評価してみましょう。

 

 

そしてROM-exや
関節モビライゼーションをする際は、
関節の形状、関節面の大きさ、運動軸、
運動軌道、運動特性を意識して
行うようにしてみてください。

 

 

僕は今回コラムとして文章にする中で、
膝関節を考えるだけでも
様々なことを考えなければならないなと
改めて実感しました。

 

 

しっかりと解剖、運動学を学びながら
臨床を行うことができると、

 

 

ただルーティンのようにやっていた
ROM-exに様々な意味合いを持たせることができ、
治療効果も全然違うものになります。

 

 

是非参考にしてみてください(^^)

 

 

それでは、
本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました(*^_^*)

 

 

IAIR東北支部 認定インストラクター
理学療法士 武田 修二

********************************
セミナー情報
********************************
【受講するなら会員登録がお得】
・認定講座受講料会員優待(会員29,800円、非会員39,800円)
(※H30年度より適応)
・学会参加の割引(会員は5,000円引き)
・強化学習登録可能(登録料19,800円 登録期限なし)
・オリジナルヨガマット、Tシャツ会員価格で購入可能
・IAIR認定セミナーを会員価格で受講可能(10,000円割引)
・有料動画コンテンツ、DVD、IAIR公式サイトでのコミュニティ参加
※準備中
・セミナーの先行予約
・Bクラス、Aクラスでのディプロマ発行
・IAIR認定国際統合リハビリテーション士(IRT)の受講資格が得られる
・共同研究や学会発表のサポートが受けられる

協会会員登録はコチラ

<仙台>
強化学習のお申込みはこちら↓

<仙台>
◆Bクラスセラピストコース
コースのお申込みはこちら>>>https://iairjapan.jp/iair-course-info
詳しくは

2月24日(土)臨床の基礎「ROM-exと触診の基本を学ぶセミナー」

2月25日(日)1〜3年目のセラピストが、
臨床で確実に結果が出せる徒手的アプローチ講習会

【女性のためのしとやかケアセミナーご案内】
しとやかケアの入門編!PMSと生理痛のためのセルフコンディショニングセミナー
【PMSセミナーin仙台】
日時:仙台 平成30年1月28日(日)
時 間:10時~16時
場 所:仙台 東京エレクトロンホール宮城
講 師:しとやかケア認定講師 三浦恵
対 象:女性(職種問わず、女性であればどなたでも受講できます)
定 員:20名(先着順)
お申し込み:https://39auto.biz/gracefulcare/registp.php?pid=3


Comment are closed.