オシャレ番長PT武田修二の、
~メンタル&ボディコンディショニングコラム~85

 

 

こんにちは(^ ^)

 

 

先週までは
足の「内側縦アーチ」、「外側縦アーチ」について
お話をしてきました。

 

 

本日は横アーチについてです。

 

 

足のアーチは
この「縦横のアーチ」が
連動して作用することで始めて、

 

 

機能的な動きや衝撃の吸収
といったことができます。

 

 

さて本日お話をする横アーチですが、
まずは基本的な解剖から
おさらいしてみましょう。

 

 

まず横アーチは2つありますよね。

 

 

◯前足部横アーチ
[構成要素]
・第1~5中足骨頭
・アーチの頂点は第2中足骨
・重要な筋として長腓骨筋、
後脛骨筋が挙げられます。

 

 

この2つの筋は
外側、内側から回り込み、

 

 

長腓骨筋は
外側から第1中足骨を外側へ、

 

 

後脛骨筋は
内側から第2~4中足骨を
内側に引き込みます。

 

 

互いに、骨を引き込みあうことで、
横アーチを形成しています。

 

 

◯中足部横アーチ
[構成要素]
・内側・中間・外側楔状骨、立方骨
・アーチの頂点は中間楔状骨
・重要な筋としては、母趾内転筋(横頭)、
虫様筋、小趾対立筋が挙げられます。

 

 

これらの3筋が働くことで中足骨を
中央に引き寄せ、
横アーチが形成されます。

 

 

要は

 

 

前足部横アーチ
長腓骨筋と後脛骨筋が
足裏でクロスして
内外側のバランスを取って
アーチを形成し、

 

 

中足部横アーチ
隣り合ってる中足骨を
内側に引き寄せあって
アーチを形成してるってことですね!

 

 

しかし・・・

 

 

構成する筋の筋力低下や
同じところへの度重なるストレス、
先天的な要素などがあると
アーチは崩れて低下してしまいます。

 

 

横アーチが低下すると
いわゆる“開張足”となり、

 

 

進行していくと
第1中足骨は外側に開いていき(内反)、

 

 

バランスを取るように第1基節骨は
内側へ向き(外反)
外反母趾となってしまいます。

 

 

この状態だと歩行時に蹴り出す際
足部が過回内してしまい、
母趾ではなく母趾の付け根で
蹴り出しを行ってしまいます。

 

 

そして内側縦アーチも
潰れた状態になります。

 

 

そのため衝撃の吸収はできず、
膝、股関節、腰、首などに
悪影響を及ぼしたり、

 

 

荷重支持も不十分で
不安定な歩行となりやすくなります。

 

 

評価ポイントとしては

 

 

・第1基節骨、第5基節骨の向きを
確認する

 

 

・非荷重位でグーパーをしてもらい
可動域を確認する

 

 

・立位荷重位で前額面から
横アーチの高さを見てみる

 

 

・タオルギャザーなど行い
アーチを形成するための
筋力を見てみる

 

 

といったところを見てみましょう。

 

 

そしてアーチを形成するためには

 

 

・足趾で床を圧迫する練習

 

 

・ゴルフボールなどを
足底に入れ筋膜リリース

 

 

・足底、足背のストレッチ
など行ってみましょう。

 

 

今回足部のみの局所的なことを
書きましたが、
実際には他関節との関係性も
重要になりますので、

 

 

立位や動作などの中で
関係性を評価して下さいね。

 

 

それでは、
本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました(*^_^*)

 

 

IAIR東北支部 認定インストラクター
理学療法士 武田 修二
********************************
セミナー情報
********************************
【受講するなら会員登録がお得】
・認定講座受講料会員優待(会員29,800円、非会員39,800円)
(※H30年度より適応)
・学会参加の割引(会員は5,000円引き)
・強化学習登録可能(登録料19,800円 登録期限なし)
・オリジナルヨガマット、Tシャツ会員価格で購入可能
・IAIR認定セミナーを会員価格で受講可能(10,000円割引)
・有料動画コンテンツ、DVD、IAIR公式サイトでのコミュニティ参加
※準備中
・セミナーの先行予約
・Bクラス、Aクラスでのディプロマ発行
・IAIR認定国際統合リハビリテーション士(IRT)の受講資格が得られる
・共同研究や学会発表のサポートが受けられる
協会会員登録はコチラ

<仙台>
強化学習のお申込みはこちら↓

<仙台>
◆Bクラスセラピストコース
コースのお申込みはこちら>>>https://iairjapan.jp/iair-course-info
詳しくは


Comment are closed.