オシャレ番長PT武田修二の、
~メンタル&ボディコンディショニングコラム~81

 

 

こんにちは(^ ^)

 

 

さて、今回は
高血圧
についてです。

 

 

なぜ
「高血圧への対応方法を伝えたいか」
と言うと、

 

 

1.
今まで僕のコラムで予防について
いろいろ触れてきた上で

 

 

実際にどんな方にどんな方法で
予防プログラムを
おこなって行く必要があるのか
お伝えすると、

 

 

よりイメージが湧きやすい
のではないかと考えたからです。

 

 

2.
厚労省では
生活習慣病で最も多いのは高血圧
と発表されていますし、

 

 

臨床上でも合併症や既往で
よく遭遇するであろう疾患だと思うので、

 

 

今回は高血圧に焦点を当てて
話していきたいと思います。

 

 

まず高血圧は
なぜ起こるのでしょうか。

 

 

高血圧の原因は90%以上が
原因不明とされています。

 

 

高血圧は、原因により
一次性高血圧」と
二次性高血圧」に分類されます。

 

 

「一次性高血圧」は、
本態性高血圧」とも呼ばれ、
特に明らかな異常がないのに
血圧が高くなります。

 

 

ただ血圧を上げる要因は
明らかにされていて、

 

 

・食塩のとりすぎ
・加齢による血管の老化
・ストレス
・過労
・運動不足
・肥満
・遺伝的要因

 

 

などがあげられています。

 

 

「二次性高血圧」は、
腎臓病やホルモン異常など、
原因となる病気があるものを言います。

 

 

二次性高血圧は
原因となる病気が治ると、
高血圧も改善します。

 

 

僕たちがこの中で対処できるのは、
ストレスや運動不足
といったところになるかと思います。

 

 

ストレスが溜まると
なぜ血圧が上昇するのかというと、

 

 

血圧は、自律神経によって
コントロールされていますよね。

 

 

自律神経の内、
交感神経はストレスを受けると
活性化します。

 

 

そうすると、

 

 

興奮作用があるアドレナリン
多量に分泌され、
血液量が増加、血圧が高くなります。

 

 

また運動不足だと筋力が低下し、
血管の伸縮を
自由に行うことができなくなるため
血行が悪くなります。

 

 

血液には酸素と栄養が含まれており、
全身の機能を保つために
必要不可欠です。

そのため血行が悪くなると
血液量を増やそうと
心臓からの血流が増加します。

 

 

この状態では血管壁の圧が
強くかかるため、
高血圧の原因になります。

 

 


ストレスに関しては
自律神経のコントロールが必要となり、

 

 


運動不足に対しては有酸素運動が効果的

 

 

とされています。

 

 

ここでこれらに対応できる方法として、
以前お伝えした

 

 

腹式呼吸

 

 

が有効です!

 

 

呼吸の方法や効果については
以前のコラムに書いてあるので
まだ読んでない方は
読んでみて下さい!

 

 

既に読んだという方は
復習としてもう一度
読んでみて下さい!

 

 

以前のコラムはこちらです。
「エクササイズ時に
呼吸が重要なのはなんで?」
iairtohoku.jp/takeda291022

 

 

「腹式呼吸にも種類があるって
知っていますか」
http://iairtohoku.jp/takeda291028

 

 

予防分野で体操に
呼吸法を取り入れてみたり、
高血圧の方に対して
「血圧高いな、どうしよう」
とお困りの方も、是非今回の知識を
活かしてみて下さい。

 

 

それでは、
本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました(*^_^*)

 

 

IAIR東北支部 認定インストラクター
理学療法士 武田 修二

**************************
〈セミナー情報〉
**************************

<仙台>

◆Bクラスセミナーの日程
骨盤の評価と治療 ②11月18日

https://iairjapan.jp/events/event/b-class-pelvis-sendai

♦︎IBWセミナー
自分の身心を整える方法と
社会に貢献できるワークを
身につけて頂くセミナー

Integrative Body Work by IAIR、
通称【IBW】については
以下をご参照下さい。
興味のある方はコチラ
http://iairjapan.jp/ibw/


Comment are closed.