オシャレ番長PT武田修二の、
~メンタル&ボディコンディショニングコラム~73

 

 

こんにちは(^ ^)

 

 

2週間ぶりのコラムとなって
しまいましたが、実はこの間に
生後3ヶ月の息子が
高熱を出し、入院していました。

 

 

現在は無事に退院し、
元気にしておりますが、
息子の入院中は

 

 

患者の家族として
色々と思うことがあったので、
そのことを今回はお話ししたいと
思います。

 

 

僕がまず気になったのは、
入院計画の説明が
昧なことでした。

 

 

いつ検査をして、
いつ頃結果が出て、
退院までどれ位かかるのか

 

 

というところの説明が
あったにはあったのですが、

 

 

検査日が23転したり
スタッフによって
言うことが違かったり、

 

 

退院予定日がいつなのかもわからず、
何の説明もなく変更することが
多々あり、

 

 

「何か悪い状態だから
こんなに日程の変更があるのかな」

 

 

不安になりました。

 

 

今回は僕の話ですが、
普段僕たちが接している
患者さんやご家族も

 

 

「自分の家族がこれから
どうなるんだろう」

 

 

という不安が常にあります。

 

 

その中でスタッフから
言われることにはとても
敏感になっています。

 

 

何気なく言った一言でも
他のスタッフと
言っていることが違うと、
さらに不安になってしまいます。

 

 

そして次に気になったのが
態度が悪い、配慮に欠ける
看護師の対応でした。

 

 

先程言ったように、
入院中のご家族は
いろんなことに敏感になっており、

 

 

配慮に欠ける態度などを見ると
さらに不安になってしまいます。

 

 

僕の息子が入院中、
ノックもせずに部屋に入ってきて、

 

 

さらには何も言わず
点滴だけ見てそのまま出ていく。
といった看護師がいました。

 

 

こんなことをするのは
その看護師さん1人だけでしたが、
1人でもそういう人がいるだけで、

 

 
「病院自体への不安が募りやすいんだな」
 

と直接感じました。

 

 

ノックや気遣いの言葉をかける。

 

 

これだけでも
「ちゃんと見てもらえてる、信頼できるな」
と安心しやすいはずです。

 

 

元々不安な心理状態だと、
疑問が1つ湧き始めると、
どんどん疑問や不安が湧いてきて、
信用できなくなってきてしまいます。

 

 

例えば僕たちで言えば
この痛みは良くなりますか?
どうすれば良くなりますか?
いつ退院できますか?

 

 

といったような質問を
よくされると思います。

 

この質問をされると
はっきりとしたことを言えずに
曖昧にしたりしてしまいませんか?

 

 

患者さんやご家族は
不安だから質問してくるのです。

 

 

それなのに曖昧な答えを
返してしまうと
余計不安を煽ってしまいます。

 

 

そのため僕たちには
わかる範囲のこと、
わからないこと、
いつ退院できるか
はっきりとした日にちは
言えなくても、

 

 

ある程度期限がある中で
ここまでできるようにするために
今こんなことをしていて、
ここまでできるようになってる。

 

 

今後はこういうことを
していく予定です。

 

 

といった説明を
しっかりとしなければ
いけないけません。

 

 

曖昧な答えは
相手を不安にさせ、
あなたの信用が落ちていっている
瞬間だということを
自覚して下さい。

 

 

僕はいつもは聞かれる立場で、
今回逆の立場になってみて
本当の意味で家族側の気持ちが
少しわかった気がします。

 

 

最後に

 

 

・患者本人だけでなく家族も心配
だということをちゃんと考える

 

 

・不安を煽らないよう態度、対応、
しっかりと説明することを心がける

 

 

・その患者さんにかかわってる
スタッフ間でどんな説明をして、
どういう計画でいくのかしっかりと
話し合いをしておく

 

 

といったことを改めて考えて
気をつけて臨床に臨んで下さい。

 

 

それでは、
本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました(*^_^*)

 

 

IAIR東北支部 認定インストラクター
理学療法士 武田 修二

**************************
〈セミナー情報〉
**************************

<仙台>

◆Bクラスセミナーの日程
脊柱の評価と治療 ②10月14日
骨盤の評価と治療 ①10月15日、②11月18日

https://iairjapan.jp/events/event/b-class-pelvis-sendai

♦︎IBWセミナー
自分の身心を整える方法と
社会に貢献できるワークを
身につけて頂くセミナー

Integrative Body Work by IAIR、
通称【IBW】については
以下をご参照下さい。
興味のある方はコチラ
http://iairjapan.jp/ibw/

【IBW スタンダートコース】
日 時 :東京会場 平成29年10月8日(日) 9:00〜16:00 (昼休憩1時間)
場 所 :東京会場 板橋区立グリーンホール 504会議室
講 師 :森下 貴史(理学療法士 国際統合リハビリテーション協会 認定インストラクター)
受講料 :21,384円(税込)
対 象 :理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
定 員 :40名(先着になり次第閉め切らせて頂きます。)


Comment are closed.