オシャレ番長PT武田修二の、
~メンタル&ボディコンディショニングコラム~54

 

 

こんにちは(^_^)
さて新年度になり1週間経ちますが、
あなたの周りの環境や仕事内容など変化は
ありましたでしょうか?

 

 

僕自身は今まで回復期の病院で働いていましたが、
4月から違うクリニックのデイケアで
働かせてもらっています。

 

 

回復期にいた頃は
患者さんが在宅復帰できるよう
できる限りの機能回復を図り、

 

 

自主トレの指導や在宅での生活の
アドバイスをしてきました。

 

 

そこで僕が重要視していたのは、
患者さん自身に
自分の身体がどうなっているのか、

 

 

どう動いているのか内観をしてもらい、
自分なりに動きや姿勢のクセを
探ってもらうことでした。

 

 

そしてどう感じているのか口に出してもらい、
僕が見ている姿勢、動作と擦り合わせ、

 

 

とにかく身体感覚に
意識を向けてもらっていました。

 

 

これがなければいくら自主トレを促したとしても
自主トレを続けないと思っていたからです。

 

 

そして自分で自分の身体のことが
わかってくると
どんなことが効果があるのかがわかったり、

 

 

わからない場合は必要なことを
自分で僕に聞いてきてくれました。

 

 

そうすると自立心も高くなり、
徒手的な介入にばかり頼らなくなってきます。

 

 

全員がこの方法には当てはまりませんが、
できる方にはできる限りこの方法で内観力を
高めてもらっていました。

 

 

とは言っても、実情としては
これで大丈夫だろう!
と自信満々で家に帰した方でも

 

 

結局家に帰れば家のことをしなければならず、
動き回って
自主トレをする時間がなかったり、

 

 

誰も見ていない時は
ベッド上でずっと寝ていることを
余儀なくされるなど、

 

 

思っていたようにはならない方が多かったです。

 

 

本当に考えなければいけなかったのは
このような状態の方にどんなことができるのか
考えて伝えることだったんだと今にして思います。

 

 

ここまではあくまで病院内にいた範囲で
行なっていたことです。

 

 

現在の職場であるデイケアでは
実際に家で多くの時間を過ごされている方が
対象となり、

 

 

在宅で過ごしつつデイケアを利用する方は
どんな状態なんだろうと楽しみにしながら
今週から仕事を始めました。

 

 

感想としては、、、結構ショックが大きかったです。

 

 

なぜかというと、ほとんどの方が回復期を経由されて
在宅復帰しているにもかかわらず、
歩行は分廻し、起き上がり・移乗は勢い任せ、

 

 

何年も代償パターンを強化した身体は
ガチガチに硬くなっている。

 

 

おそらく回復期では基本動作の指導も
してるはずですし、
代償が出ないように動作指導もしているはずです。

 

 

しかし、在宅に帰られると自分なりに
動きやすい方法で動いてしまうため、
結果勢い任せ、代償を強めて動作を成立させる

 

 

→全身ガチガチ、痛みがいろんな部位に出る
→動きが悪くなり疲労しやすい
→動く範囲が狭くなる
→活動度低下、身体能力低下

 

 

といった悪循環に陥ります。

 

 

この悪循環に陥っている方が
デイにはたくさんいらっしゃいます。

 

 

そして個別リハをしながら在宅での過ごし方を聞くと、
家では寝てるか座ってテレビを見てるだけ
といった方がほとんど。

 

 

セルフケアどころか自分の身体の動かし方すら
ちゃんと注意を向けられていない。

 

 

身体感覚について問いかけると、
「その部位に対して
どんな感覚があるか考えたことがなかった」
といった答えがほとんどでした。

 

 

これは回復期の過ごし方にもデイの利用の仕方にも
問題があったんだと思います。

 

 

そして回復期での自分の関わり方はまだまだ
不十分だったんだと反省しました。

 

 

今回デイで働いている中で
急性期の状態も生活期の状態も繋がりを持って
関わっていくことが大切だと実感しました。

 

 

そしてガチガチで身体感覚が薄かった人でも
やっていれば変わる可能性はあることがわかりました。

 

 

やっぱり自分の身体感覚を
内観できることは大事です!

 

 

そのために短い時間の中でも
できる限り動きやすい身体になり
自分の身体にもっと興味を持ってもらえるよう
関わっていきたいと思います。

 

 

今回のコラムはあなたが働いている環境によって
受け取り方や考え方が違ってくると思うので、
こんな考え方がある、こんな良い方法があるなど
何かご意見がありましたら教えて下さい(^^)

 

 

それでは、
本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました(*^_^*)

 

 

IAIR東北支部 認定インストラクター
理学療法士 武田 修二

**************************
〈セミナー情報〉
**************************
<仙台>
◆Aクラスセラピストコース
内臓の治療と評価  4月15日(土)
統合医療基礎講座  5月27日(土)
Aクラスライセンス検定 5月28日(日)
※ 今まで受講された方、強化学習での受講をオススメ致します!
内容がよりシンプルに、ブラッシュアップされております!
強化学習のお申込みはこちら↓
https://iair-member.jp/touhoku/html/products/detail/76
◆解剖学、運動学の観点から、基礎〜応用と学んで行きます。
【高齢者の膝関節の痛みに対するアプローチを学ぶ研修会】
日時: 平成29年4月16日(日)10:00〜16:00
場所:日立システムズホール仙台 研修室2
講師:渡邉 哲(理学療法士、IAIR認定アドバンスインストラクター)
受講料:8,640円(税込)
対象:PT・OT・ST
(※ 日本作業療法士会認定「生涯教育単位システム」ポイント付与対象の研修会です)
定員:30名
セミナーお申込み:(会員登録が必要です)
https://iair-member.jp/touhoku/html/products/detail/120
2度目の開催決定!
<女性セラピスト限定♪生理痛・PMS(月経前症候群)のメカニズムとセルフコンディショニング入門>
◆Bクラスセラピストコース
コースのお申込みはこちら>>>https://iair-member.jp/touhoku/html/products/detail/58
来年度のBクラスセミナーの日程も決まっております。
下肢の評価と治療 ①5月25日、②6月17日
上肢の評価と治療 ①6月18日、②8月26日
Tuneup 7月15日
触診スキル 7月16日
筋膜の評価と治療 ①8月27日、②9月9日
脊柱の評価と治療 ①9月10日、②10月14日
骨盤の評価と治療 ①10月15日、②11月18日
◆待望の第2回!女性限定セミナーです。
【PMSセミナー】
日 時:平成29年6月4日(日)
時 間:10時~16時
場 所:東京エレクトロンホール宮城 和室
講 師:しとやかケア認定講師 三浦恵
対 象:女性(女性であればどなたでも受講できます)
定 員:20名(先着順)
お申し込み:https://iair-member.jp/kansai/html/products/detail/84


Comment are closed.