土曜日担当

オシャレ番長PT武田修二の、
~メンタル&ボディコンディショニングコラム~15 

 

「寝返りを楽にするために、

鎖骨の動きを引き出しましょう」

 

こんにちは!
前回のコラムでは
【寝返りの時は下側の肩甲骨の動きに注目しましょう】
といった内容の話をさせて頂きました。

 

この下側の肩甲骨の可動域に制限があると
寝返りの初期段階で寝返りが止まってしまうという
内容でしたよね。

 

 

本日注目してもらいたいのは
【肩甲胸郭関節、胸鎖関節、肩鎖関節の動き】
です。

 

肩甲胸郭関節の運動は
胸鎖関節と肩鎖関節で生じた運動の結果です。

 

そのため
【胸鎖関節と肩鎖関節の動きを評価】
することが重要となります。

 

 

評価をするために、
胸鎖関節と肩鎖関節の運動のメカニズムを
簡単に絵に描いてみました。

 

 

細かい説明を加えると、
かえって分かり難くなるかもしれないので、
今回はざっくりと絵を見て
鎖骨が介した関節の動きを
感じてもらえれば良いかと思います。

 

 

①の絵は
《肩甲胸郭関節の挙上と下制における
胸鎖関節、肩鎖関節の動き》
です。

 

 

②の絵は
《肩甲胸郭関節の上方回旋と下方回旋における
胸鎖関節、肩鎖関節の動き》
です。

 

 

③の絵は
《肩甲胸郭関節の前方牽引と
後退(肩甲骨の外転、内転)における
胸鎖関節、肩鎖関節の動き》
です。

 

 

これらの複合運動が起こることで
肩甲胸郭関節の動きは起こります。

 

 

このように胸鎖関節と肩鎖関節の運動は、
肩甲骨の運動範囲の増減させる役割があります。

 

 

つまり胸鎖関節と肩鎖関節の可動域制限は、
鎖骨の運動を制限するため、
肩甲骨の全ての方向に対して
制限を引き起こしてしまうことになります。

 

 

ここまで話をすると感じてもらえたと思いますが、
肩甲骨の動きを見る時は
肩甲骨の可動範囲を見るだけでなく、

 

【鎖骨の動き】
にも注目しなければいけないということです。

 

 

ここで一緒に鎖骨の触診をしながら寝返りをしてみましょう。

下側に来る鎖骨を触診していると、
鎖骨は挙上して前方に回旋していきますよね。

 

 

この時肩甲骨は外転、上方回旋をしているんです。

 

 

次に鎖骨の挙上を意図的に押さえて
寝返りをしてみましょう。

 

どうでしょうか。
恐らく肩甲骨を内転、下方回旋させないと
かなり苦しい寝返りになるかと思います。

 

このように
鎖骨の挙上、下制、回旋の制限によって
肩甲骨の動きが制限される要因の一つになります。

 

 

そのため肩甲骨の可動範囲を
なかなか引き出せないと思った時は、
視点を変えて鎖骨にも注目してみて下さい!

 

 

それでは、
本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました(*^_^*)

 

IAIR東北支部 認定インストラクター
理学療法士 武田 修二

 

**************************
<セミナー情報>
**************************
「リハビリの臨床で結果が出せる下肢の評価と治療」
日時: 下肢①:2016年5月15日(日) 9:30~16:30
下肢②:2016年6月11日(土) 10:00~16:00
会場:元気フィールド仙台 体育館側会議室
受講料:シルバーメンバー価格32,184円(税込)
定員:32名
詳細: http://iairjapan.jp/ai1ec_event/lowerlimbs-14/?instance_id


Comment are closed.