皆さんこんにちは^^
IAIR東北 認定インストラクター
鈴木茂寿です。

 

 

今回は、つい先日私が(失敗)経験した
利用者さんとの関わりについて
書いてみました。

 

 

さて、本題に入る前にちょっとだけ
「社会脳」というキーワードについて
触れておきたいと思います。

 

 

これは平たく言うと、
“他の人との人間関係を築いていく、
人付き合いの力”と、捉えています。

 

 

身近な例で言えば、

 

 

・集まって何かしている時、空気が読めない
・思いついた行動は、周りから注意されても
止められない
・人の嫌がる様子が分からない

 

 

なんて特徴が浮かんできます。

 

皆さんの職場でも
こんな感じの人いませんか!?

 

 

そして、これらに加えて難聴や認知症で
話が聞こえにくかったり、言われてもすぐに
忘れてしまったりする人だったら、

 

 

“関わりにくい人”なんて印象を持たれている
場合もないでしょうか!??

 

 

今回のお話しで出て来る利用者さんは、
そんないくつかの特徴が重なった人だと
思って下さい(笑)

 

 

時間は夕方でデイサービスも終わりかけ。
大きな事故もなく、後は利用者さんを自宅まで
送るだけ。という時に・・・

 

 

何やら後ろの方で大きな声がし始めたので、
そっちに注意を向けてみると

 

 

「もう終わったんだべ!!?」
「用事あるから帰っから!!」
「待ってられない!!」

 

 

と、他のスタッフとやり取りしながら
ズンズンと玄関の方へ突き進む人がいる
じゃないですか・・・^^;

 

 

さあ、こうなるともう大変。
我々スタッフの言うことなんか耳に入らない
状態です!

 

 

※この状態に入った場合、筆談とか
通用しないんです・・・。
我が道をガッツリ進もうとします(笑)

 

 

通所系サービス勤務の皆さんはイメージして
もらいやすいと思いますが、
ここでスタッフの頭をよぎったのは、

 

 

“他の人も含めて、送迎はしないといけない。
でも、本人の欲求を満たすまでの付き添いを
しないといけない。”

 

 

という事で、今回は私が他の方の送迎を
交代して貰って、この人のお付き合いを
することになりました(笑)

 

 

※その内容は、あえて割愛させて頂きます。
もし興味のある方は、セミナー会場でお話し
しましょう!!

 

 

さて、この方の対応は全部で1時間半くらい
かかったでしょうか・・・。

 

 

最初のうちはご自分の欲求行動に突き進む
ような状態でしたが、それが満たされていくと
少しずつ、

近くにいる私に視線を向けてくれるように
なったり、笑顔をみせてくれるようになって
いきました^^

 

 

そして最後の方には、2人で椅子に座って
話をするうちに、

 

 

「こんな話まで人にするのは初めてなんだ」と
言いながら、昔の身の上話や、それを踏まえた
私に対しての助言など、

 

 

笑いながらしてくれるようになっていました。
(本当に始めて他の人に言った話かは確認して
いません)

 

 

そして、ご自分から

 

 

「暗くなってきたし、あんまり遅くなると
あんたの奥さんに悪いから帰っか」
「一人で帰れるけど、送ってくれるんなら任せる」
と、なりました。

 

 

私としては、ご自分のあまり外に出さない
話をしてくれた事や、私に気を使ってくれた
事など。

 

 

社会的な面が大分出たので、その状態からお宅
まで送迎する選択をしました。

 

 

ただし、私自身としては一連のやり取りの出来に
ついて、自信を持っていた訳ではないので、
事業所に戻ってから上司に報告しようとしました。

 

 

すると上司からは、

 

 

本人が少しでも私に申し訳ないという素振りが
見えたなら、

 

 

・あのタイミングで、ああいう風に言われると
スタッフ(今回でいう私)が大変だという事。

 

 

・他の利用者さんも職員も巻き込まれて、
迷惑になること。

 

 

・その上で、用事があるならもう少し早い段階で
職員に申し出て欲しい事。

 

 

等の点を本人にきちんと伝えるべきだったと
指摘され、言われた私としても「そうすべき
だった」と、とても反省しました・・・^^;

 

 

デイサービスの役割という物については、
法人・事業所毎に異なる部分ではありますが、
少なくとも当事業所(長)としては、

 

 

利用者さん同士、お互いにとって居心地のいい
コミュニティとしての存在に対して、
お互いが気を使い合いながら過ごしていく

 

 

お互いが気を使い合う事の大切さを、
必要な時には本人に直接伝える事によって、
その人の社会性を保つ為の働きかけをしようと
考えています。

 

 

なかなか臨機応変に実践できずにいる私ですが、
そうした考え方を踏まえて、
少しでもその人その人に適した関わりを
模索していきたいと考え、日々頑張っています!!

 

 

こうしたケースに出会った時、
なかなか一歩踏み出した一言が言えない人や
思いつきにくい人に共感して貰えたら幸いです^^

 

 

本日も最後まで読んで頂いて、ありがとう
ございました。

 

 

IAIR東北 認定インストラクター
鈴木茂寿

********************************
セミナー情報
********************************
2017年のセミナー予定は、以下の通りになります。
Aclassコースのお申込みはこちら
→https://iair-member.jp/touhoku/html/products/list?category_id=9

<仙台>  ※随時募集始まっております!

※ 今まで受講された方、強化学習での受講をオススメ致します!
内容がよりシンプルに、ブラッシュアップされております!
強化学習のお申込みはこちら↓
https://iair-member.jp/touhoku/html/products/detail/76

1/21 (土) センタリングセミナー
1/22 (日) 頭蓋仙骨メカニズム
2/18 (土) 頭蓋仙骨テクニック1
2/19 (日) 頭蓋仙骨テクニック2
2/25 (土) 上肢の触診セミナー in郡山(午後)
2/26 (日) 下肢の触診セミナーin福島
3/11 (土) PMSセミナーin仙台(東北初開催!!)
3/25 (土) 頭蓋仙骨テクニック3
3/26 (日) OTの為のADL向上セミナー


Comment are closed.