土曜日担当

オシャレ番長PT武田修二の、
~メンタル&ボディコンディショニングコラム~7

 

「胸郭を丸くすると、寝返りが簡単にできる?!」

 

こんにちは(^_^)
IAIR東北支部の武田修二です。

 

前回、前々回と肋骨の動き、肋椎関節の特性について
話をさせて頂きました。

 

しかし、これらの話だけだと、
具体的にその特性が
どう臨床に生きてくるかということが
想像しにくいので、
今回は「寝返り」に焦点を当てて
話させて頂きたいと思います。

 

まずは、
何故寝返りを例に挙げたかと言うと、

 

胸郭の形が変わるだけで
今まで柵を引っ張り、
代償を強めながら行っていた人でも
簡単に寝返りができるようになる
ということを知って頂きたいからです。

 

まずは胸郭の形を評価してみましょう。

 

肋骨の動きの特性としては、

 

【前方回旋、後方回旋をする、
その回旋は第7肋骨を中心に上下左右で逆転する】

 

でした。

これを踏まえて肋骨を触診すると、
右上部肋骨と左下部肋骨が凹んでいて、
左上部肋骨と右下部肋骨が膨らんでいることが
確認できると思います。

(あくまでも例なので逆の場合ももちろんあります。)

 

これは背部から触れても同様に感じることができます。

 

要は後方回旋している肋骨は平べったい
形状になりやすいんですね。

 

逆に前方回旋している肋骨は丸みを帯びた
形状になりやすいんです。
(図を参照して下さい)

胸郭 歪み

 

胸郭が平べったいのと丸いのでは
どちらが寝返りをしやすいでしょうか。

 

もちろん丸い方ですよね。

 

そのため、これらの形状のことを踏まえて
治療をしていきます。

 

方法は簡単です。

 

1.左右下部肋骨に触れる
2.左右下部肋骨が前後方どちらに回旋しているか確認する
3.呼吸介助の要領で、肋骨を中心に寄せるように軽く圧迫する
4.この時元々回旋している方とは逆に回旋させながら行う
5.これを上部肋骨でも行う
6.次は右上部肋骨と左下部肋骨を呼吸介助の要領で中心に寄せるように軽く圧迫する
7.4と同様
8.6の反対を行う

 

これでだいぶ胸郭の形状が丸みを帯び、
寝返りがしやすい状態になります(^。^)

 

胸郭が整うと体幹筋の筋緊張も整いやすく、
筋力が発揮されやすくもなりますよ(^_^)

 

是非お試し下さい!

 

それでは、
本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました(*^_^*)
IAIR東北支部 認定インストラクター
理学療法士 武田 修二

**************************
<セミナー情報>
**************************
「脳卒中片麻痺に対する基盤的治療と評価」

受講料:17,800円(税別)返金保証付き!
講 師 :名久井 佑哉(作業療法士 IAIR認定インストラクター)
日 時 :4月29日(祝金)、30日(土)
時 間 : 10:00 AM – 4:00 PM
対 象 :理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
定 員 :32名
詳細:http://iairtohoku.jp/seminar/iairseminar/cva

 

「新人の為の触診・解剖学セミナー」

受講料 :7,900円+税(合計:8,532円) 返金保証付き!
講 師 :IAIR認定インストラクター 大塚 久(理学療法士)
日 時 :平成28年4月10日(日)
場 所 :福島県郡山市
ミューカルがくと館 2階和室1・2
(福島県郡山市開成1丁目1-1)
対 象 :理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
(経験年数5年目まで)
詳細:http://iairtohoku.jp/seminar/iairseminar/syokushin


Comment are closed.