作業療法士、名久井佑哉による、
「なっくんのあるある解決コラム」
No.192の投稿です。

 

 

現在、通所リハビリで勤めている方。
個別リハビリをどのくらいの時間で
行っていますか?

 

 

いよいよ4月から
医療・介護法相同時改定によって
様々な変化が起きていきますが、

 

 

通所系サービスの実動で
更に求められるスキルは

 

 

短時間で結果を出す

 

 

という事でしょう。

 

 

なぜなら4月からの介護報酬改訂の中で
「通所リハビリにおける利用時間の変更」
があるからです。

 

 

通所リハビリの利用時間が
1時間毎に細かく分けられ、

 

 

6時間以上の利用だと
現行の基本報酬点数より下がります。

 

 

この変更が私たちリハビリ職種に
与える影響としてすぐに浮かぶのは
リハビリ時間の短縮化
ではないでしょうか?

 

 

利用時間が短くなる中で
入浴や食事、リハビリなどのサービスを
提供するとなると

 

 

大規模の事業所では
時間に追われることとなります。

 

 

定員数が多く、
個別のリハビリを多く行っている
セラピストは

 

 

「利用者さんが気づいたらもう帰る時間になっている。。。」
「まだリハビリ終わってないのに。。。」

 

 

なんてこともあり得ます。

 

 

そうなった時の対策として
思い浮かぶことは
個別リハビリにおける関わり方の
見直しです。

 

 

そこで、再度冒頭の質問です。

 

 

現在、通所リハビリで勤めている方。
個別リハビリをどのくらいの時間で
行っていますか?

 

 

大体10~20分という時間に
収まるのではないでしょうか。

 

 

では、その限られた時間のなかで
どんなリハビリメニューを行っているでしょうか?

 

 

ROM-ex
ストレッチ
起居動作練習
筋力トレーニング
歩行練習
ADL動作練習

 

 

通所リハビリにおける利用者さんの
利用時間は更に減り、
決められた時間のなかで
多くの利用者さんをみていかなければなりませんが、

 

 

これまでも
「時間が足りない。。。」
「結果がだせていない。。。」

 

 

と思っていた方は、今のままの関わりでは
4月以降はもっともっと
その思いが強くなる可能性が高いです。

 

 

結果として、
利用者さんの満足度は減る方が
出てくるかもしれません。

 

 

私がしている
しっかりと結果を出す為の
対策のひとつとして、

 

 

腰痛などの痛みに対して
セルフケア方法をお伝えし、

 

 

利用者さん自身で
疼痛のコントロールが行えるように
支援しています。

 

 

目的としては、
ただ単純に時間のかかっていた
徒手療法を減らすということではなく、

 

 

利用者さん自身が自立し、
セラピストの徒手に依存することなく
疼痛のセルフコントロールができるようになるためです。

 

 

結果として徒手療法に依存的で、
ストレッチやコンディショニングに
時間を要していた利用者さんが、

 

 

本来しっかり時間を作って行いたかった
動作練習
出来るようになったかたもいます。

 

 

このように、
現状ROM-exやストレッチ等で結果が得られない
関りからシフトしていくには
何かしらのアクションが必要です。

 

 

「短時間でしっかりと結果をだす」

 

 

為にも自身の関わり方を
もう一度みなおしてみませんか?

 

 

IAIRのセミナーでお伝えしている内容は
関りやテクニックを短時間で行う事を
目的としているわけではありませんが、

 

 

評価と治療を同時進行で行うための
思考とテクニックを学ぶので結果として
短時間での関わりと結果を出すことが可能です。

 

 

私も受講したセミナーはこちら

 

 

OTとしての自分自身の関わりに
悶々としていたり、
なんとなく自信が持てていない方は

 

 

OTセミナーで
たっぷりと楽しくお伝えしていきます。

OTセミナーはこちら

 

 

本日も最後までありがとうございました。
IAIR東北支部 認定インストラクター 名久井 佑哉

 

 

「短い時間でも結果を出せる
根拠に基づいたOTアプローチ」
【日時】平成30年4月21日(土),22日(日)
10:00〜16:00(昼休憩1時間)
【会場】東京エレクトロンホール宮城 和室403
(仙台市営地下鉄勾当台公園駅より徒歩7分)
【定員】20名  【受講料】15,000円(税抜き)
********************************
セミナー情報
********************************
【受講するなら会員登録がお得】
・認定講座受講料会員優待(会員29,800円、非会員39,800円)
(※H30年度より適応)
・学会参加の割引(会員は5,000円引き)
・強化学習登録可能(登録料19,800円 登録期限なし)
・オリジナルヨガマット、Tシャツ会員価格で購入可能
・IAIR認定セミナーを会員価格で受講可能(10,000円割引)
・有料動画コンテンツ、DVD、IAIR公式サイトでのコミュニティ参加
※準備中
・セミナーの先行予約
・Bクラス、Aクラスでのディプロマ発行
・IAIR認定国際統合リハビリテーション士(IRT)の受講資格が得られる
・共同研究や学会発表のサポートが受けられる
協会会員登録はコチラ

<仙台>
強化学習のお申込みはこちら↓
https://iairjapan.jp/apply

<仙台>
◆Bクラスセラピストコース
コースのお申込みはこちら>>>https://iairjapan.jp/iair-course-info
詳しくは

【岩手会場】
「症状別肩疾患セミナー」
開催日:平成30年4月8日(日) 10:00〜16:00
会場 :いわて県民情報交流センター アイーナ
講師 :IAIR認定アドバンスインストラクター
申し込み:https://iairjapan.jp/product/shoulder

【姿勢・動作観察の基本とアプローチへの応用】
日時:平成30年3月17、18日(2日間構成)
両日 10:00~16:00
場所:東京エレクトロンホール宮城 和室403
定員:30名
参加資格:PT、OT、ST
詳細と申し込みはこちら↓
https://iairjapan.jp/events/event/posture-sendai


Comment are closed.