作業療法士、名久井佑哉による、
「なっくんのあるある解決コラム」
No.182の投稿です。

 

 

明けましておめでとうございます。
今年もあるあるな解決につながるよう
コラムを書いていきたいと思いますので
よろしくお願い致します。

 

 

さて、あなたが普段患者さんへの
関りで、こんなことに
悩んだことはないでしょうか。

 

 

「リハビリで動作が行えても
生活場面では動作が行えない(行おうとしない)」

 

 

例えば、
麻痺のある方の食事動作練習にて、

 

 

麻痺側でお茶碗を持ち、
箸を持った非麻痺側で
豆をつまむ練習が
スムーズにできたとします。

 

 

しかし、実際の食事場面では
お茶碗を持つどころか
テーブルの上にも上げようとしない。
などなど。

 

 

練習で出来ていても
実生活場面に全く生かされて
いない状態です。

 

 

せっかくリハビリで出来ているのに
もったいないですよね。

 

 

なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

 

 

いくつか要因があるなかで、
以下の視点で評価・アプローチしていくことも
出来ます。

 

 

ポイントとしては

 

 

「意識に登らない行動の学習が行えるか」

 

 

です。

 

 

人間は何か行動を開始する際に、
無意識下で
情動が生まれます。
(怖い・楽しい・面白い・危険など。)

 

 

目の前にある情報を読み取り、
無意識下で感じた情報をもとに
行動する特性を
私たちはもっているのです。

 

 

この無意識下で感じる働きをする部分は
偏桃体であり、
快・不快の反応を示します。

 

 

つまりは、リハビリ場面でも
何か行動をする際に

 

 

「あれはやると怖いからやりたくない」
「あーすると痛いからやらない」

 

 

と無意識に学習された情動をもとに、
行動に移してしまうのです。

 

 

これから行う動作に
マイナスな不快の情動を感じれば、
消極的な構えや動作戦略を取ってしまうという
ことです。

 

 

その為、食事場面などで
リハビリの内容が反映されない時には、

 

 

既に学習された情動をもとに
動作を遂行してしまっていることを
前提にリハビリを
進めていかなければなりません。

 

 

もし、食事場面で
麻痺側上肢を使えるのに
使ってくれない時には、

 

 

実際に食事の際にセラピストと患者さんが練
習の時のように動作を行い、

 

 

そのうえで「おいしい。」などという
快につながる情動を学習して
もらえるようにサポートする必要があります。

 

 

また、普段のリハビリ場面でも意識して
患者さんが行えた行動や動作を
そのままできたという事実として
繰り返し声掛けしていく必要があります。

 

 

この視点でも
あなたの普段関わる患者さんを
評価してみると、

 

 

そのリハビリ内容も
少し変わってくるかもしれません。

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。
CCRA東北支部代表 認定インストラクター
名久井 佑哉
********************************
セミナー情報
********************************
<仙台>
[高齢者の膝の痛みに対する徒手テクニックセミナー]
日 時:平成30年1月20日(土)
時 間:10時~16時
場 所: 東京エレクトロンホール宮城 和室403
(地下鉄勾当台公園駅より徒歩7分)
講 師:IAIR認定アドバンスインストラクター
申し込みはこちら↓↓

[高齢者の肩の痛みに対する筋骨格系へのアプローチ]
開催日:平成30年1月21日(日) 10:00〜16:00
会場 :東京エレクトロンホール宮城 和室403
(地下鉄勾当台公園駅から徒歩7分)
講師 :IAIR認定アドバンスインストラクター
申し込み:https://iairjapan.jp/product/shoulder
【受講するなら会員登録がお得】
・認定講座受講料会員優待(会員29,800円、非会員39,800円)
(※H30年度より適応)
・学会参加の割引(会員は5,000円引き)
・強化学習登録可能(登録料19,800円 登録期限なし)
・オリジナルヨガマット、Tシャツ会員価格で購入可能
・IAIR認定セミナーを会員価格で受講可能(10,000円割引)
・有料動画コンテンツ、DVD、IAIR公式サイトでのコミュニティ参加
※準備中
・セミナーの先行予約
・Bクラス、Aクラスでのディプロマ発行
・IAIR認定国際統合リハビリテーション士(IRT)の受講資格が得られる
・共同研究や学会発表のサポートが受けられる

協会会員登録はコチラ

<仙台>
強化学習のお申込みはこちら↓

<仙台>
◆Bクラスセラピストコース
コースのお申込みはこちら>>>https://iairjapan.jp/iair-course-info
詳しくは


Comment are closed.