作業療法士、名久井佑哉による、
「なっくんのあるある解決コラム」
No.145の投稿です。

 

 

前回に引き続き、リハメニューがROM-exや
ストレッチだけで終わってしまっていて

 

 

「いつも同じメニューで能力変わんない。。。
そろそろリハプログラム変えたい」

 

 

「ROM-exやストレッチ以外に
効果的なかかわりができるようになりたい」

 

 

なんて思っている方に少しでも
いい気づきとなるような情報をお伝え致します。

 

 

さて、今回の気づきのポイントは
ずばり、

 

 

「患者さんへの評価・治療技術を上げたければ、
まずはスタッフを評価・治療できるようになる」です。

 

 

患者さんへの評価・治療技術を上げるには

 

 
「仮説」→「検証」

 

 

の過程を多く経験するのが重要ですが、

 

 

職場のスタッフ(ケアさんや看護師さん等も)を
相手に行うのが
技術を磨くのに効果的です。

 

 

なぜ効果的かというと、普段のリハ時間に
縛られず、ある程度ゆっくり
仮説→検証が行えるからです。

 

 

この方法は私も3年ほど前から
積極的に行っています。

 

 

きっかけは皆さんご存知、
東北支部理事の哲さんに
3年前に言われたことが始まりです。

 

 

「なっくん、毎月3人は
スタッフの人を治療してみよう」

 

 

と言われ、毎月ひたすら
困っていそうなスタッフの方に
声をかけて評価・治療していました。

 

 

実際にやってみると
最初はうまくいかず、

 

 

「患者さんの前に、スタッフも治せないのか。。。」

 

 

と落ち込むこともありましたが、
その悔しさをバネに、
たくさん勉強して力をつけていきました。

 

 

その過程を多く経験することで、
自然と実力はついていきましたね。

 

 

すると、患者さんとの
関りの中でも自然と結果が出始めました。

 

 

この取り組みはずっと続けており、
今でも積極的に声をかけて
実施しております。

 

 

意外とスタッフの方で多いのが
胸郭出口症候群による
しびれだったり、
腰痛は鉄板であったりします。

 

 

あなたも、

 

 

「患者さんの関わりで評価・治療技術を上げて、
リハ内容を見直したい」

 

 

と思っていたら是非お試しください。

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。
IAIR認定インストラクター作業療法士 名久井佑哉

*********************

セミナー情報

*********************

<仙台>
◆Aクラスセラピストコース
統合医療基礎講座  5月27日(土)
Aクラスライセンス検定 5月28日(日)
※ 今まで受講された方、強化学習での受講をオススメ致します!
内容がよりシンプルに、ブラッシュアップされております!
強化学習のお申込みはこちら↓
https://iair-member.jp/touhoku/html/products/detail/76
◆Bクラスセラピストコース
コースのお申込みはこちら>>>https://iair-member.jp/touhoku/html/products/detail/58
来年度のBクラスセミナーの日程も決まっております。
下肢の評価と治療 ①5月25日、②6月17日
上肢の評価と治療 ①6月18日、②8月26日
Tuneup 7月15日
触診スキル 7月16日
筋膜の評価と治療 ①8月27日、②9月9日
脊柱の評価と治療 ①9月10日、②10月14日
骨盤の評価と治療 ①10月15日、②11月18日
◆待望の第2回!女性限定セミナーです。
2度目の開催決定!
<女性セラピスト限定♪生理痛・PMS(月経前症候群)のメカニズムとセルフコンディショニング入門>
【PMSセミナー】
日 時:平成29年6月4日(日)
時 間:10時~16時
場 所:東京エレクトロンホール宮城 和室
講 師:しとやかケア認定講師 三浦恵
対 象:女性(女性であればどなたでも受講できます)
定 員:20名(先着順)
お申し込み:https://iair-member.jp/kansai/html/products/detail/84

 


Comment are closed.