作業療法士、名久井佑哉による、
「なっくんのあるある解決コラム」
No.128の投稿です。

 

 

さて、12月も半ばとなり、
今年ももうすぐ終わりですね。

 

 

この時期になると、私は必ず
コラムを通してお伝えしていることがあります。

 

 

それは、
「年末年始に向けてリハビリをする重要性」
です。

 

 

病院の回復期などで
入院されている方や外来の方、
通所・入所されている方など

 

 

領域関係なく当てはまることですので、
是非お読みください。

 

 

実際に私が各領域で勤務していた際に、
以下のことが起こりました。

 

 

・入院中に突然、前情報なしに一時帰宅し、
環境調整されていないご自宅で
年末年始を過ごされた方

 

 

・年末年始で数年ぶりに
家族と外出したことを後で
教えてくれた通所の患者さん。

 

など、他にも様々な
「えっ、そうなの?」
ということがありました。

 

 

事前に私から情報収集していれば
対策できていたこともあれば、

 

 

事前に確認していたのに
突然、事が進んでしまっていた方と
様々です。

 

 

年末年始はこのような外出や外泊をする方が
いらっしゃるので、
無事に過ごして頂きたいですよね。

 

 

せっかくご家族と過ごされるのであれば、
楽しく安全に過ごし、
自信をつけて帰ってきてほしいものです。

 

 

しかしその際にもし転倒してしまったり、
御家族が介助方法を知らずに困ってしまったり、
患者さんが自信を無くしてしまったりしたら・・・。

 

 

「成功体験になるか失敗体験になるか」
の大事な瞬間です。

 

是非、このコラムを読んでいるあなたも
患者さんの成功体験につなげていけるよう、

 

 

このタイミングで患者さんやご家族に
年末年始の過ごし方を一度聞いてみましょう。

 

 

事前にリハビリで練習していれば、
患者さんもセラピストも安心して
年末年始を過ごすことが出来ますよ。

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

IAIR認定インストラクター作業療法士 名久井佑哉

 

 

[IAIR B-class ライセンス取得試験]
対象者:IAIR認定Bクラスコース全講義修了者
定員:20名
講義時間:5時間×2日(土日連続で行います)
受講料:42,984円(2日間10時間講習、ディプロマ発行料込)
検定員:認定アドバンスインストラクター
日時:平成28年12月17日(土)、18日(日)
両日ともに10:00~16:00
場所:仙台市内で調整中
内容:筆記試験・実技試験
★修了者をIAIR B-class Therapistに認定いたします。


Comment are closed.