作業療法士、名久井佑哉による
[なっくんのあるある解決コラム]
No.89の投稿です。

こんにちは。
本日も作業療法士のあなたに
読んで頂きたい内容でお届けします。

テーマは
「作業療法を通して感じる喜び」です。

3月12日に郡山で
「OTのADL攻略セミナー」を行い、
作業療法に自信が持てない方や
悩んでいる方に
作業療法の視点や可能性をお伝えさせて頂きました。

その後、受講された方から

「早速実践して、OTとして自信を持ってリハビリを出来た気がします。」
と、報告を頂きました!
少しでもOTとして日々取り組んでいる方々の
悩みを解決するきっかけ作りになったと思うと
とても嬉しく感じました。

「作業療法を通して感じる喜び」

まさに、この瞬間でした。

そんな感情のなかでの
本日も、新たな発見となるこんなことがありました。

 

なんだか、
いつも怒りっぽい患者さん(Aさん)がいました。
何を言っても、
いつも仏頂面で返答に棘があるような方…。
恐いですよね^^;

こちらもビクビクしてしまいます^^;

でも、最近、Aさんが
最近、落ち着いて話をしてくれるようになってきました。
何をしたのかというと、
会話の中で、
作業療法的なコミュニケーションをとにかく意識しました。
作業療法を意識する前までの関わりでは
相手の気持ちを知ろうとすればするほど
からまわりしてトラブルになっていました。
そこから少しでも相手の考えていること・伝えたいことを
しっかりと理解できるよう、
マズローの5段階分類を活用しています。
また、作業療法的なコミュニケーションとして、
有効な関わり方として、

 

・話す速度を相手に合わせて話す
というものがあります。
この関わりだけでも、
患者さんは自身の話をしっかり聞いてくれていると感じ、
落ち着いて話してくれます。
本日も自分自身の関わり方を意識しただけで、
患者さんも落ち着いて自身の伝えたいことを整理して
お話してくれました。
コラムを読んでくださっているあなたにも
変わるきっかけ作りの応援をしていきますので
以下のようなことで悩んでいたらお気軽にご相談ください。
・患者さんや他職種が何を考えているか分からない。
・作業療法の関わり方に自信を持てない。
・患者さんとの関わりのなかでのコミュニケーションがうまくいかない。
本日も最後までお読み頂きありがとうございました。
IAIR認定インストラクター作業療法士 名久井佑哉
**************************
<セミナー情報>
**************************
「脳卒中片麻痺に対する基盤的治療と評価」

受講料:17,800円(税別)返金保証付き!
講 師 :名久井 佑哉(作業療法士 IAIR認定インストラクター)
日 時 :4月29日(祝金)、30日(土)
時 間 : 10:00 AM – 4:00 PM
対 象 :理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
定 員 :32名
詳細:http://iairtohoku.jp/seminar/iairseminar/cva

 

「新人の為の触診・解剖学セミナー」

受講料 :7,900円+税(合計:8,532円) 返金保証付き!
講 師 :IAIR認定インストラクター 大塚 久(理学療法士)
日 時 :平成28年4月10日(日)
場 所 :福島県郡山市
ミューカルがくと館 2階和室1・2
(福島県郡山市開成1丁目1-1)
対 象 :理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
(経験年数5年目まで)
詳細:http://iairtohoku.jp/seminar/iairseminar/syokushin

 


Comment are closed.