第201回
【明日から使えるベテランPTの
ワンポイントテクニック】

 

 

さて、IAIRに通われてる皆さんは
勉強熱心の方が多いはず。

 

 

特に若いうちは多くの勉強会に
参加して、自分に合う
学びに出会う必要があります。

 

 

IAIRをはじめ、業界には
いろんな治療法があります。

 

 

そのどれを取っても
素晴らしいもので、

 

 

それぞれ特徴があり、
得手不得手があります。

 

 

そのため、出来るだけ多くの
治療法を手に入れたく
なるのがセラピストの悲しい性。

 

 

ただ、学び方を間違えると
何も成果が出せないまま、
時間だけが過ぎ去っていきます。

 

 

その間違った方法とは・・・。

 

 

例えば
ここに3種類の治療手技A、B、C
があります。

 

 

それぞれ、
「1手技3週間で身につけられる」
ものです。

 

 

この3つの手技を
A・B・C・A・B・C・A・B・Cの順で
計9週間学んだとします。

 

 

つまり10週目には
ABC全ての治療手技
身につけていることになります。

 

 

ここだけ見ると、
10週目の自分にワクワクする
ところなんですが、

 

 

ちょっと見方を
変えてみましょう。

 

 

上記のように
ABC・ABC・ABCの順で
学んでいくと

 

 

『1手技が身につくのに
3週間必要」なので

 

 

Aが身につくのは7週目。
Bが身につくのは8週目
Cが身につくのは9週目。

 

 

実は6週目までは
何の成果も出せない状態なのに
気が付きませんか?

 

 

6週目までは、学んではいますが
何も身についていないんです。

 

 

これが
同時進行で複数を学ぶ
デメリット

 

 

しかし、同じ3つを学ぶにも
順番を変えるとどうなるか。

 

 

「1手技3週で身につく」
というのは変わらず

 

 

A・A・A・B・B・B・C・C・Cという
順番で9週学ぶと、

 

 

3週目にはAが身につき、
6週目にはBが身につき、
9週目にはCが身につきます。

 

 

先ほどと同じような見方をすると、
こちらは

 

 

4週目からAで成果が出せる

 

 

状態になります。

 

 

同時進行でA・B・C…と学んだときは
6週目までは
「成果ゼロ」でしたよね?

 

 

一つのことに集中して行うと、
効率が悪く感じますが、
実際は早く成果が出せます。

 

 

同じ学びをしても、学び方によって、
成果を出し始められる期間が
大きく変わります。

 

 

たくさん学んでるのに
「6週目まで成果ゼロ」
の状況じゃ、浮ばれません。

 

 

今の学びの状態が
どうなっているか?

 

 

ちょっと見直してみませんか?

 

 

長期的に、軸なる治療概念を
身につけたいならIAIRでの学びを
お勧めします。

 

 

せっかくの学びの機会。

 

 

まずは何か一つ成果を
出せるもの
身につけてみませんか?

 

 

今日はここまで。

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
IAIR 理事
理学療法士 中嶋 光秀

 

 

PS.
何かを身につけるには1万時間
必要と言われています。
3つ同時進行してたら・・・。
何にも身につきませんね(–;)

 

 

【紹介者割引制度】
〜お近くにIAIRのセミナーを受講されたお仲間はいませんか?~

IAIRでは紹介者割引として、
「過去に一度でも受講された方から」
の紹介があれば、
紹介者と紹介された方両方に、
次回のセミナーから使える
1万円引きクーポン を発行しています。

 

 

【受講するなら会員登録がお得】
H30年9月よりBクラスコースの会員以外の料金が
値上げになりました。
ぜひIAIR会員になって、共に学んでいきましょう。

 

 

協会会員登録はコチラ
https://iairjapan.jp/join

 

 

会員特典↓↓
・認定講座受講料会員優待(会員29,800円、
非会員39,800円)
(※H30年9月より適応)
・学会参加の割引(会員は5,000円引き)
・強化学習(再受講)登録可能
(登録料19,800円 ※会員でいる限り有効)
*例:Bクラス1講義1000円で再受講できます‼
登録料19800円+12講義×1000円
Bクラス修了者は、計31800円+税で12講義全て
再受講が可能です
・オリジナルヨガマット、Tシャツ会員価格で購入可能
・IAIR認定セミナーを会員価格で受講可能
(10,000円割引)
・有料動画コンテンツ、DVD、IAIR公式サイトでの
コミュニティ参加 (※準備中)
・セミナーの先行予約
・Bクラス、Aクラスでのディプロマ発行
・IAIR認定国際統合リハビリテーション士(IRT)の
受講資格が得られる
・共同研究や学会発表のサポートが受けられる

 


Comment are closed.