第192回
【明日から使えるベテランPTの
ワンポイントテクニック】 

 

 

今日は日常の臨床からのシェアです。

 

 

皆さんの職場にも多かれ少なかれ、
「リハ拒否」「投薬拒否」や
「病棟での安静度を守れない」
患者さんっていますよね?

 

 

「今日はだるいからリハビリ
行きたくないです」

 

 

「薬飲んでも変わらないから
飲むのやめた」
(血圧下がってきたからとかも)

 

 

「転倒歴があるのに、
移動時にコールをくれない」

 

 

「車椅子レベルなのに勝手に歩いちゃう」

 

 

など、頭を悩ませることも多いと思います。

 

 

そんな時、皆さんどんな対応を
とっているでしょうか?

 

 

多くは、患者さんが
担当者(リハ、Nrs)からちょっと叱られる(笑)

 

 

それでもダメなら、先輩か上司が介入。

 

 

最終手段は主治医からの一喝(苦笑)

 

 

特に主治医からの一喝は効果抜群
なことが多いんですけど、
そもそもその対応って???って
思いませんか?

 

 

「悪いことをした」から「叱る」=
「叱られた」からやめる?

 

 

「何回言ってもダメだから、先生呼んで
がっちり注意してもらわないと!!」
病棟でよく聞きますよね?

 

 

でも、「叱られても」
行動を変えるかどうかは別。
だと思いませんか?

 

 

上下関係で服従?
させようとしがちですが、

 

 

それは無理って
私たちは知ってるはず。

 

 

子供の頃、私たちも親におなじような
セリフで叱られたはず(笑)

 

 

で、結果私を含め皆さんは
「行動変容」をしましたか?

 

 

「叱られた直後」はちょっと反省して
やめますが、それは「叱られるのが嫌」
だから、いっときやめるだけ。

 

 

だだそれだけ。

 

 

行動変容なんて
全くしないんです。

 

 

なぜか反射的に、
「叱ればどうにかなる」
と思い行動に出ますが、

 

 

それは
「自分が叱ったことで、やって欲しくないことを
やらなくなった」
という過去の成功体験をリピートしてる
にすぎません。

でもやりたいことは「行動変容」

 

 

簡単な関わりの一つとしては、
相手に聞けばいい。

 

 

「なぜ?」
って。

 

 

理解力のある方であれば、
「なぜ?そうするのか」について
答えてくれます。

 

 

医療的にどうかは別としても
患者さんなりの理由があります。

 

 

そこを解決できるかどうかが
行動変容につながります。

 

 

高次脳機能障害などが
影響しているなら
それなりの対応が必要です。

 

 

どっちにしても「叱って」も
しょうがありません。

 

 

せいぜい叱ってる自分が
イライラするだけ。

 

 

無駄に叱ってイライラして、
また上司やDrまで
引っ張り出して余計な労力をかけるより、
「相手に聞く」ことから始めましょう。

 

 

相手をきちんと知ることで、
また新たな
対応策が出てくると思います。

 

 

詰所や控え室で
「あの人は何回言ってもわからない・・プンプン・・」
って言ってても
なんの解決もしませんよ(^^)

 

 

今日はここまで。
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
IAIR北海道地区 認定シニアインストラクター
理学療法士 中嶋 光秀
【H30年度Bクラスライセンスコース】
北海道の地震による災害のため
骨盤②は11/18に開催いたします。

新しくなったIAIRコンセプト。
過去に受講された方も、再受講をお勧めします。
よりシンプルに、結果の出しやすい手技、
理論背景も充実しました。
この機会にぜひIAIRで学びましょう

セミナースケジュール、申し込みはこちら
https://iairjapan.jp/hokkaido-seminarschedule

【セラピスト Tune up セミナー】
(療法士自身の体の使い方、
整え方を学ぶセミナーです)
日程:①H30.11.4(日) 10:00〜16:00
場所:札幌産業振興センター
申し込み:https://iairjapan.jp/events/event/b-class-tuneup-sapporo

【紹介者割引制度〜お近くにIAIRのセミナーを受講されたお仲間はいませんか?】
IAIRでは紹介者割引として、過去に一度でも受講されたからからの紹介があれば、紹介者と紹介された
方両方に、次回のセミナーから使える1万円引きクーポンを発行しています。
過去に受講された方はもちろん、職場の同僚で
受講したことがある人がいれば、紹介してもらってください。学びの仲間を増やしながらかつお得に受講できるチャンスです。ぜひご活用ください。

【受講するなら会員登録がお得】
H30年9月よりBクラスコースの会員外の料金が値上げになりました。ぜひIAIR会員になって、共に学んでいきましょう。
会員特典↓↓
・認定講座受講料会員優待(会員29,800円、
非会員39,800円)
(※H30年9月より適応)
・学会参加の割引(会員は5,000円引き)
・強化学習(再受講)登録可能
(登録料19,800円 ※会員でいる限り有効)
*例:Bクラス1講義1000円で再受講できます
登録料19800円+12講義×1000円
Bクラス修了者は、計31800円+税で12講義全て
再受講が可能です

・オリジナルヨガマット、Tシャツ会員価格で購入可能
・IAIR認定セミナーを会員価格で受講可能
(10,000円割引)
・有料動画コンテンツ、DVD、IAIR公式サイトでの
コミュニティ参加 (※準備中)
・セミナーの先行予約
・Bクラス、Aクラスでのディプロマ発行
・IAIR認定国際統合リハビリテーション士(IRT)の
受講資格が得られる
・共同研究や学会発表のサポートが受けられる
協会会員登録はコチラ
https://iairjapan.jp/join


Comment are closed.