第177回
【明日から使えるベテランPTの
ワンポイントテクニック】

 

 

先日はIAIRの講師が集まり、
9月からのBクラスセミナーに
向けて、講師トレーニングを
してきました。

 

 

日々講師として活動していますが、
実はあまり他の講師の講義を聞く
機会はほとんどありません。

 

 

講義内容は同じものを伝えて
いるのですが、
講師一人一人の経験や個性が
やはり出ます。

 

 

プレゼンを聞くと、
普段どんな講義をするのかが
見えてきます。

 

 

みなさん、
それぞれスタイルがあって
面白い。

 

 

そんなこんなで、私がトップバッターで、
あるフレーズについて、
講義形式で他の講師陣に対して
プレゼンすることに。

 

 

私の得意とするところは、
小難しいことを
シンプルかつコンパクト
伝えること。

いつものようにプレゼンをして、
ちょっと「どや!!」って感じで
終わったんですが、

アドバイザーからは
イマイチなリアクション…。

 

 

???

 

 

自信はあったので
少々困惑したんですが、
コメントに納得。

 

 

「言っていることは問題ないけど、
講師が一方的に話をしすぎて、
受講生を巻き込んでいない。

 

 

いわゆる先生と生徒の関係性。

 

 

もっと受講生に対して
問いかけるとか、
講義自体に参加させる工夫が
必要ですよ」

 

 

ああ…やっちまいました。

 

 

話し出すと一方的に話す
悪い癖。

 

 

相手の理解を気にせず、

 

 

「自分はわかりやすく
話しているので、
相手は理解しているはず」

 

 

「こんなに噛み砕いてるんだから
わかるよね?」

 

 

という勝手な妄想(笑)

 

 

セミナーでも
座学がメインの時間は
陥りやすい私の欠点です。

 

 

「相手は話を理解している」という
勝手な解釈のもと、話し続けるという。

 

 

これ、普段の臨床でも
出やすい傾向。

 

 

患者さんに対してリハ内容や、
病気のことについて説明するときは、

 

 

できるだけ専門用語を使わず、
シンプルかつコンパクトに
お伝えするよう心がけていますが、

 

 

「こんだけわかりやすく伝えて
いるんだから分かるでしょ?」

 

 

ってな感じで
私の独演会になって
しまうことがあります。

 

 

下手をすると、
患者さんが聞きたい内容ではなく、
私が話したい内容をただ喋っているだけ。

 

 

リハビリの現場でも
患者さんに同じ事して
いませんか?

 

 

DrやNrsから呼び出され、

 

 

「家族や患者が不安がるから
〇〇についてちゃんと説明しておいて!
なんか色々こっちに言われても困るわ」

 

 

って言われ、

 

 

「先日説明したんですが・・・。」

 

 

なんて経験ありませんか?

 

 

こんな時は、聞いていない相手が
悪いのではなく、

 

 

伝える側が、伝わる努力をしていない
&伝わっているかどうかの確認を
していない事がほとんど。

 

 

実はあなたの説明やプレゼンが
独演会になっていたのかも。

 

 

ただでさえ、人は忘れます。
(1時間後には半分忘れます)
相手の聞き耳を立たせる工夫が
必要です。

 

 

自分の話したいことではなく、
相手が知りたい事を話す。

 

 

「ここまでの話で何か
わからない事ありますか?」

 

 

と話を理解できているか
途中で問いかけたりしてみてください。

 

 

普段の皆さんの問診や説明も
一方的ではありませんか?

 

 

相手を巻き込む話し方、
意識してみましょう。

 

 

今日はここまで

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

 

 

IAIR北海道地区 認定シニアインストラクター
理学療法士 中嶋 光秀

—————————————-
セミナー情報

【ROMと触診の基礎研修セミナー】
日 時:平成30年7月14日(土)
時 間:10:00〜16:00
場 所:札幌産業振興センター セミナールーム2
講 師:IAIR認定シニアインストラクター
中嶋 光秀(理学療法士)
対 象:PT、OT、ST
定 員:30名
申し込み&詳細はこちら↓
https://iairjapan.jp/events/event/rom-touch-sapporo

【若手セラピストのための徒手療法セミナー】
日 時:平成30年7月15日(日)
時 間:10:00〜16:00
場 所:札幌産業振興センター セミナールーム2
講 師:IAIR認定シニアインストラクター
中嶋 光秀(理学療法士)
対 象:PT、OT、ST
定 員:30名
申し込み&詳細はこちら↓
https://iairjapan.jp/events/event/beginner_sapporo

【姿勢・動作観察の基本とアプローチへの応用】
札幌会場
日 時:平成30年8月4日(土) 5日(日)
時 間:10:00〜16:00(両日)
場 所:札幌産業振興センター
講 師:IAIR認定シニアインストラクター
中嶋 光秀(理学療法士)

対 象:PT、OT、ST
定 員:30名
申し込み&詳細はこちら↓

【受講するなら会員登録がお得】
H30年度より会員外の料金が値上げになります。
ぜひ今のうちにIAIR会員になって、
共に学んでいきましょう。
会員特典↓↓
・認定講座受講料会員優待(会員29,800円、
非会員39,800円)
(※H30年度より適応)
・学会参加の割引(会員は5,000円引き)
・強化学習(再受講)登録可能
(登録料19,800円 ※会員でいる限り有効)
*例:Bクラス1講義1000円で再受講できます‼
登録料19800円+12講義×1000円
Bクラス修了者は、計31800円+税で12講義全て
再受講が可能です

・オリジナルヨガマット、Tシャツ会員価格で購入可能
・IAIR認定セミナーを会員価格で受講可能
(10,000円割引)
・有料動画コンテンツ、DVD、IAIR公式サイトでの
コミュニティ参加 (※準備中)
・セミナーの先行予約
・Bクラス、Aクラスでのディプロマ発行
・IAIR認定国際統合リハビリテーション士(IRT)の
受講資格が得られる
・共同研究や学会発表のサポートが受けられる
協会会員登録はコチラ


Comment are closed.