第149回
【明日から使えるベテランPTの
ワンポイントテクニック】
みなさんこんにちは。

 

 

国際統合リハビリテーション協会
認定シニアインストラクター
中嶋 光秀です。

 

 

今日のテーマは ハンドリング です。

 

 

脳血管を対象とするセラピストには
切っても切れないハンドリング。

 

 

若い人でも、
「ハンドリングが苦手」
という方も多いとおもいます。

 

 

治療的なハンドリングに限らず、
トランスファーの介助や、
装具をつけた介助歩行、
座位・立位バランスの誘導
などもハンドリングの部類に入ります。

 

 

習った通りにトランスの介助や
介助歩行を行なっても、
なかなか上手くいかず、
力任せ になって汗だく。

 

 

自分が汗だくになって頑張った割に、
患者さんは変化しない・・・。

 

 

よくある光景ですよね?

 

 

問題の一つとしては
「ハンドリング」という名称が悪い。

 

 

「ハンドリング」という言葉から
イメージする日本語は

 

 

【操作する】

 

 

もしくはこれに近い言葉
だとおもいます。

 

 

もしあなたが、
自分の意図とは違う方向に
他人に身体を
操作」 されたらどうしますか?

 

 

抵抗」 しますよね?

 

 

それが、外から見て正しい動きでも、
自分の意図と違えば、抵抗します。

 

 

こうなると、

 

 

・正しい運動方向に
持っていきたいセラピストの介助と、
・自分で動きたいように動きたい
患者さんとの動きの「力比べ」に・・・。

 

 

あとは心地よい疲労感だけが残り
何も達成できず
リハ時間が終わる・・・。

 

 

しかも下手をすると、
「あの先生は下手くそだ」
「あの人と歩くと歩きづらい」
などと負のレッテルを貼られ、
介入拒否されるなんてことも・・・。

 

 

ではどうハンドリングしていけば
いいのか?

 

 

簡単にいうと、

 

 

「相手を正しい方向に
操作しようとしない」

 

 

それじゃ
治療的介入にならないじゃないか
と思う方もいるかとおもいます。

 

 

例えば介助歩行。

 

 

正しい姿勢や歩行を誘導する
ハンドリングを行うと、
途端に抵抗されます。

 

 

それは、相手の機能に合わない
「正しさ」を 押し付け ているから。

 

 

まず最初にやらなければならないのは、
【相手と一緒に動く】こと。

 

 

介助者が、患者さんと一体になって動く
ことで、患者さんがどう動きたいのかを
体感することです。

 

 

患者さんの動きたい方向へ
【一緒に動いていく】

 

 

これができたら、
「今の動作パターンのまま」
足りない要素を少しだけサポート
する。

 

 

患者さんの動作パターンを変えずに、
そのパターン内での足りない要素を補って
あげると、患者さんは 「」 に感じます。

 

 

つまり、
今持っている動作パターンの
最大能力を発揮させるための介入を
ハンドリングと言います。

 

 

動作パターンを矯正することでは
ありません。
「操作する」ではなく

 

 

「一緒に動く、一体となって動く

 

 

まずはここから。

 

 

今日はここまで。

 

 

最後まで読んでいただき有難うございます。

 

 

IAIR北海道地区 認定シニアインストラクター
理学療法士 中嶋 光秀

—————————————-
セミナー情報
【上肢セミナー、下肢セミナー開催です!!】
【Bクラスセラピストライセンスコース
臨床で結果の出せる上肢アプローチセミナー①②】

日 時:①平成30年1月14日(日)
②平成30年2月3日(土)
※上肢2は1を受講した方のブラッシュアップ
となるので1に必ず参加してください。
(受講料は2日間のものです)
時 間:①9:30~16:30 ②10:00〜16:00
場 所:札幌産業振興センター
講 師:IAIR北海道地区
認定シニアインストラクター 中嶋 光秀
(理学療法士)
対 象:PT、OT、ST
定 員:20名
申し込み&詳細はこちら↓

【Bクラスセラピストライセンスコース
結果の出せる下肢アプローチセミナー1・2】

日 時:筋膜1 平成30年2月4日(日)
筋膜2 平成30年3月3日(土)
※下肢2は1を受講した方のブラッシュアップ
となるので1に必ず参加してください。
(受講料は2日間のものです)

時 間:①9:30~16:30 ②10:00〜16:00
場 所:札幌産業振興センター
講 師:IAIR北海道地区
認定シニアインストラクター 中嶋 光秀
(理学療法士)
対 象:PT、OT、ST
定 員:20名
申し込み&詳細はこちら↓

単発での受講も受け付けております。
スケジュール等の詳細は下記よりご確認ください。
北海道セミナースケジュール&申し込み
↓↓

【受講するなら会員登録がお得】
・認定講座受講料会員優待(会員29,800円、
非会員39,800円)
(※H30年度より適応)
・学会参加の割引(会員は5,000円引き)
・強化学習登録可能(登録料19,800円 登録期限なし)
・オリジナルヨガマット、Tシャツ会員価格で購入可能
・IAIR認定セミナーを会員価格で受講可能(10,000円割引)
・有料動画コンテンツ、DVD、IAIR公式サイトでのコミュニティ参加
※準備中
・セミナーの先行予約
・Bクラス、Aクラスでのディプロマ発行
・IAIR認定国際統合リハビリテーション士(IRT)の受講資格が得られる
・共同研究や学会発表のサポートが受けられる
協会会員登録はコチラ


Comment are closed.