第130回
【明日から使えるベテランPTの
ワンポイントテクニック】

 

 

今日はスタバからの投稿です。

 

 

PMSセミナーの裏方として、今回は
全く表舞台に出ない1日です。

 

 

今回のPMSセミナー、
完全女性限定のため
IAIR男性スタッフにも講義内容は
一切公表されていませんし、
会場も出入り禁止にしております。

 

 

PMSセミナーは
いわゆるウイメンズヘルスケアの
一部を担うセミナーなんですが、

 

 

最近、産後の骨盤矯正や
骨盤底筋トレーニングなんて言葉を
聞くようになってきましたよね?

 

 

いろいろな方法があるので、
どのような関わりを他でされているかは
私は分かりかねるところなのですが、

 

 

実は女性の体の仕組みについて
教えている講師自身が、
PMSなどの女性特有の悩みを抱えたまま
であることが多いそうです。

 

 

これは良い悪いではなく、
女性にとっては
「生理痛はあって当たり前」
な感覚なのでしょう。

 

 

私の周りの女性も、
大なり小なり症状を抱えていて
当たり前のように鎮痛剤を持ち歩い
ている方が多い気がします。

 

 

私がもし毎月一回必ずお腹が痛くなるなら、
「当たり前」と感じる前に、
不安になります・・・。

 

 

(ずっと不調と付き合っていると
それが当たり前になるのかな?)

 

 

同じように、腰痛を抱えている
セラピスト。いますよね?

 

 

仕事中はコルセットが外せない(苦笑)

 

 

また、心疾患や内部障害、内科の
患者さんに対して運動指導や栄養指導
をするセラピストが、肥満だったり
運動不足・・・。

 

 

「医者の不養生」

 

 

的を得ていることわざだと思いませんか?

 

 

これがセラピストには慢性的にあります。

 

 

患者さんを健康に導く立場のセラピストが、
自身の健康は二の次・・・。

 

 

(他にもヨガやピラティスの先生が慢性的な
痛みやだるさを抱えてるなんてことも)

 

 

かくいう私も「憩室炎」に悩まされている
わけですが・・・。

 

 

自分は大丈夫だから、患者さん、
クライエント様のために頑張る!!

 

 

っていう精神は良いのですが、

 

 

体調に不安を抱えている、もしくは
患者さんには指導するけど、自分じゃ
筋収縮をさせられない

 

 

なんてセラピストに、

 

 

自分がお世話になりたいか?
親、親族を任せたいか?

 

 

ってところなんです。

 

 

私も今回の「憩室炎」で若干やつれまして、
90代のお婆ちゃんや、
ターミナルの方にまで心配されながら

 

 

リハを担当してるという
わけのわからない状況に
申し訳なさでいっぱいです。

 

 

私たちがクライアントさん、患者さんを
健康に導くためには、自己犠牲ではなく、
私たち自身が健康であり、

 

 

たとえ健康を害する時があっても、
しっかり対処して、
対処の経験を患者さんにお伝えする。

 

 

そんな関わりができると良いですね。

 

 

「他人の体は診れるけど
自分の体については素人」
では

 

 

説得力に欠けます。

 

 

最低限
運動指導をするセラピストは
せめて指導する運動は自身で
こなせること。

 

 

内科の患者さんを見ている方
なら、自分の内臓にも気を使う
こと。

 

 

全てのセラピストは自身の健康に対して
敏感であること。

 

 

ここが根底にあって初めて、
患者さんと
対峙できるのではないでしょうか?

 

 

病気になった後の対処をするのは
Drの仕事です。

 

 

私たちはその前後を担う存在です。
(健康増進、介護予防、退院後の生活や
QOLの向上など)

 

 

まずは、自身の健康から。

 

 

今一度、見直していきましょう(^^)

 

 

今日はここまで
最後まで読んでいただき有難うございます。

 

 

IAIR北海道地区 認定シニアインストラクター
理学療法士 中嶋 光秀

—————————————-
セミナー情報

【OTの為の脳科学アクティビティセミナー】
<ADLの向上に必要な徒手療法の練習と、
いつも何気なく実施している「アクティビティ」。
実際にはどんな効果があって、どう構成していけばいいか?を脳科学的な観点からも紐解いていきます。
最後は作業計画まで作っちゃいます>

日 時:平成29年8月5日(土)、8月6日(日)
二日間構成
時 間:10時~16時
場 所:札幌産業振興センター セミナールーム2
講 師: IAIR認定インストラクター 加藤 淳
対 象: OTのみ
定 員:20名
セミナーHP↓(こちらからも申し込みできます)
http://iairtohoku.jp/hokkaidootsemina
申し込みフォーム↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSgXzmfA

【膝疾患に対する骨関節、筋膜テクニックセミナー】
高齢者の多くが抱える膝の痛み。
膝が痛いと言われても、湿布?安静?ブロック注射?
しかアイディアが浮かばない・・・。
そんなあなた。
IAIRコンセプトに基づくテクニックを
使って、膝の痛みの問題を解決しませんか?

解剖学、運動学、運動連鎖から膝へのストレス
の要因を紐解き、原因を除去するテクニックまで
学べる1日間。
ぜひご参加下さい。

日 時:平成29年9月2日(土)
時 間:10時~16時
場 所:札幌市内で調整中
講 師:IAIR認定シニアインストラクター 中嶋光秀
対 象:PT、OT、ST
定 員:20名
申し込みはこちら
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSgXzkig

【9月3日骨盤セミナーから開催です!!】
「Bクラスセラピストライセンスコースin札幌」

平成29年度は9月からの開催となりました
これから半年間通して継続して勉強したい方、
昨年全ての講義を受けられなかった方は、
ぜひこの機会に共に成長して行きたいと思います。

【Bクラスセラピストライセンスコース
骨盤①②】

日 時:①平成29年9月3日(日)
②平成29年10月7日(土)
※①②の両日で1講座です。
①を受講されていない方は
②のみの参加はできません
時 間:9:30~16:30
場 所:札幌市内で調整中
講 師:IAIR理事
認定アドバンスインストラクター
渡邉 哲(理学療法士)
対 象:PT、OT、ST
定 員:20名
申し込み
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSilafIRnM

単発での受講も受け付けております。
スケジュール等の詳細は下記よりご確認ください。

北海道セミナースケジュール&申し込み
↓↓
https://iairjapan.jp/hokkaido-seminarschedule


Comment are closed.