第116回
【明日から使えるベテランPTの
ワンポイントテクニック】

 

 

皆さん、こんにちは。
IAIR東北・北海道支部
認定シニアインストラクター
「ジマさん」こと中嶋 光秀です。

 

 

今日は
バランスについて。

 

 

と言っても立位バランスとかの類
ではななく、治療の割合の話。

 

 

私は理学療法士なので、治療の
選択肢として、「運動療法」と
「徒手療法」を選択することが
多いです。

 

 

OTの皆さんは「ADL訓練」とか
「アクティビティー」と「徒手的介入」
が多いかと思われます。

 

 

リハビリの内容に限らず、
一般的にも

 

 

「バランスの良い食事を心がけましょう」
「栄養バランスのいい健康食品を
摂取しましょう」
「いろんな要素を組み合わせた運動で
効果的にダイエット」

 

 

など、バランスのとれた食事や
運動をするといいよっていうのが、
世の中の風潮かと思われます。

 

 

一見、栄養バランスのとれたものを
食べたり、バランスよく運動処方された
メニューをこなしたりすることが

 

 

より良い方向に導いて
くれるんじゃないか?
と思えたりします。

 

 

ただ、一度考えてみてください。

 

 

わかりやすい例だと
「バランスのとれた食事をすることで
健康になりましょう」
というフレーズ。

 

 

これって、「何の」バランスが取れて
いるんだと思いますか?

 

 

「栄養」ですよね?

 

 

ここでいう「栄養バランスがいい」
というのは、食品(食事)の中に
含まれている栄養素が、

 

 

【種類が多く平均的に含まれている】

 

 

ことを示しています。

 

 

では、この「栄養バランスの良い食事」
を取っていれば、どんな人でも健康に
なれるのでしょうか?

 

 

答えはノーです。

 

 

「そんなバカな!!」

 

 

と反射的に思う人もいるかも
しれませんが、本当です。

 

 

分けて考えなければならないのが

 

 

「栄養バランスがいい食事」と、
「摂取する側にとって必要な栄養素が
バランスよく含まれている食事」は違う、

 

 

ということ。

 

 

「摂取する側のどの栄養素に
過不足があるか」

 

 

そこを評価しないで、
ただ「栄養バランスの良い食事」
だけを提供しても、
過不足は埋められないんです。

 

 

ビタミンCが足りないと言っているのに
「多くのビタミンを配合したサプリ」
をとっても、

 

 

「その商品に入ってるビタミンCで、
その人のビタミンC不足を補えるの?」
ということ。

 

 

ビタミンCが足りないなら、
足りない量を足せばいいんです。

 

 

わざわざ、他の要素までくっつけて
今必要のない栄養まで余分に
とる必要はないですし、

 

 

大抵の栄養バランスの良いとされている
ものには「足りない栄養を補えるだけの量
は入っていない」ことがほとんどです。

 

 

自分の体にどの栄養素がどれぐらい
足りないのかを評価して、

 

 

どの食品をどれぐらい食べれば不足分
を補えるのか?

 

 

そうやって考えて作られるのが
本当の「栄養バランスのいい食事」
です。

 

 

リハビリでも同じですよね?

 

 

「目の前の患者さんに必要な要素、
足りていない要素は何か?」

 

 

処方すべきは「運動」「反復練習」なのか
「徒手療法等の引き算の治療」なのか。

 

 

患者さんの現状を毎回評価して
見定める必要があります。

 

 

「自慢の徒手療法」だけで治療
していませんか?

 

 

ある一定の理論だけで
運動処方していませんか?

 

 

「OTだから」って
ADL練習やアクティビティーばかり
やっていませんか?

 

 

相手の過不足を評価して、
それに合わせたオーダーメイドの
セラピーを提供するのが
私たちの役割です。

 

 

一人でもいいので、自分の患者さんの
リハビリメニューを客観的に眺めて
みましょう。

 

 

私も「ハッとすること」が結構ありますよ(^^;

 

 

今日はここまで
最後まで読んでいただき有難うございます。

 

 

IAIR北海道支部 認定シニアインストラクター
理学療法士 中嶋 光秀

—————————————-
セミナー情報
「ADLに対する体幹機能への評価と治療
〜徒手介入編〜
〜促通トレーニング編〜
日時:
【徒手介入編】
平成29年5月7日(日)10:00〜16:00
【促通トレーニング編】
平成29年7月1日(土)10:00〜16:00
会場;札幌産業振興センター セミナールーム3
講師:中嶋 光秀 (理学療法士)
IAIR認定シニアインストラクター
参加料:各編16,200円(税込)
両日参加32,400円(税込)
定員:20名(対象PT/OT/ST)
申し込みはこちら↓↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSgbGjdm
「新人・若手のための姿勢動作観察
の基本と治療への応用」
日時:平成29年5月20日(土)10:00〜16:00
会場;札幌産業振興センター セミナールーム3
講師:中嶋 光秀 (理学療法士)
IAIR認定シニアインストラクター
参加料:8,240円(税込)
定員:20名(対象1〜5年目までのPT/OT/ST)
申し込みはこちら↓↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSgbGqzu
「腰痛治療に悩むセラピストの為の腰痛治療研修会」
日時:平成29年6月25日 9:50-16:50
会場:札幌産業振興センター
講師:赤羽 秀徳 (あかは ひでのり)
IAIR認定アドバンスインストラクター
(一社)赤羽総合腰痛研究所 代表理事
参加料:12,852円(税込)
定員:20名
<講義・実技内容>
1.腰痛総論
1)保存的治療の最新の動向
(①治療者としての心構え、
②腰痛治療ガイドライン)
2)自己管理できる腰痛?しうる腰痛?
の判断
2.腰痛の保存的治療システムの紹介
3.実技:複合的腰痛アプローチ(ILPT)の
腰痛治療への有効性
4.受講生を対象とした治療デモ
申し込みはこちら↓↓
https://iair-member.jp/ilpt/html/products/detail/91
「Bクラスセラピストライセンスコースin札幌」
平成29年度は9月からの開催となりました
これから1年間通して継続して勉強したい方、
昨年全ての講義を受けられなかった方は、
ぜひこの機会に共に成長して行きたいと思います。
スケジュール等の詳細は下記よりご確認ください。
東北・北海道セミナースケジュール↓↓

IAIR認定セミナー情報


Comment are closed.