第102回
【明日から使えるベテランPTの
ワンポイントテクニック】

 

 

皆さん、こんにちは。
IAIR東北・北海道支部認定インストラクター
「ジマさん」こと中嶋 光秀です。

 

 

今回はある程度学習が進んだ方向けに、
「あるあるネタ」をお送りします。

 

 

前回のコラムでも書きましたが、
IAIRで学んでいくうちに、
ある程度結果の出せる技術を身につける
ことができます。

 

 

※ここではIAIRとしていますが、他の手技
でも同じです。

 

 

車の運転に慣れると、
初心者の頃のように運転技術自体に
気を使わなくなるのと同じように、

 

 

治療技術を身につけると
あまり治療そのものには目が
行かなくなります。

 

 

「この手技を使えば、こんな結果が出せる」

 

 

のが明確なので、サクサク治療ができます。

 

 

ただ、ここで一つ大きな落とし穴が
待っています。

 

 

「とりあえず手技を使って、
結果が出たからOK」

 

 

となってしまい、自分は凄腕だと勘違いし、
「考えること」をやめてしまいがちに
なります。

 

 

考えなくても、手技を使えば結果が
出てしまう状況って便利なようで恐ろしい
ですよね。

 

 

こうなると、完全に思考停止状態になって、
そのうち、結果が出せない患者さんが
現れるともう大変。

 

 

なんせ、考えること(評価)をしなくなって
ますから、「なぜ患者さんはそうなるか?」
がわからない。

 

 

だから、どんなに手技を当てはめても
的外れ・・・。

 

 

そのうち、この患者さんにはこの手技
は適さないんだと思うようになり、
新たな手技を学びにセミナーへ・・・。

 

 

違いますよね?

 

 

本来向かうべき方向は、

 

 

「結果の出る技術を身につけた上で、
考えること(評価)に時間を割くこと」
 

 

です。

 

 

例えば医者の前に
「胃もたれ」の患者さんがきたとします。

 

 

「胃もたれ」に効く薬が3種類あるので、
どれが効くか試しに飲んで、合うやつ
探しましょう。

 

 

とするか、

 

 

「胃もたれの原因」を問診や検査等で
評価し、合う薬があるので
これを飲みましょう。

 

もし合わなければ、別の原因を考えて
それに合った薬を出しますね、とするか。

 

 

「胃もたれ」が治るのはどちらも同じ。

 

 

さて、どちらが最適な対応でしょう。

 

 

前者は、とりあえず薬(治療技術)を
当てはめただけ。

 

 

後者は、評価を前提に薬(治療技術)を
選択している。

 

 

もちろん後者ですよね?

 

 

せっかく手に入れた「結果の出せる技術」
それも使い方を間違えると、成長から
かけ離れた負のループに陥ってしまいます。

 

 

考えるということを常に忘れず、
「なぜ?」を当たり前にする。

 

 

そうすることで、技術を身につけた
セラピストが「成長」していきます。

 

 

自分で書きながら、自分の胸も痛い内容
ですが、皆さんもこの大きな落とし穴
に落ちないよう、「考える」を日常化して
いきましょう。

 

 

今日はここまで。

 

 

最後まで読んでいただき有難うございます。

 

 

IAIR北海道支部 認定シニアインストラクター
理学療法士 中嶋 光秀

—————————————-
セミナー情報

Aクラスセラピストライセンスコース
北海道開催決定!!

北海道開催のAクラスコースの日程が
決まりました。

2月からのスタートになります。
(Bクラス検定に合格された方のみ
参加できます)
(旧ベーシック①・②検定に合格された方も
対象です)

申し込みは下記から(HPの登録をされていない
方は同時に新規登録も)お願いします。)

今回からセンタリング・内臓の内容が刷新され、
特にセンタリングはガラッと内容が変わって
います。過去に受講された方で実はあまり
継続できていない・・・という方は、
継続しやすい形になっていますので、
再受講(強化学習)をオススメします(^O^)/

2/4 センタリング
https://iairmember.jp/touhoku/html/products/list?category_id=21

2/5 頭蓋仙骨メカニズム
https://iairmember.jp/touhoku/html/products/list?category_id=22

3/4、3/5 頭蓋仙骨療法①②
https://iairmember.jp/touhoku/html/products/list?category_id=23

4/1  頭蓋仙骨療法③
https://iairmember.jp/touhoku/html/products/list?category_id=25

4/2  内臓
https://iairmember.jp/touhoku/html/products/list?category_id=27

5/13 統合医療入門
https://iairmember.jp/touhoku/html/products/list?category_id=28

5/14 Aクラス検定試験
https://iairmember.jp/touhoku/html/products/list?category_id=28


Comment are closed.