第94回
【明日から使えるベテランPTの
ワンポイントテクニック】

 

 

皆さん、こんにちは。
北海道在住IAIR認定インストラクター
「ジマさん」こと中嶋 光秀です。

 

 

先日北海道のBクラスコースが
今年度の日程を無事終了しました。

 

 

最後は「下肢②」と「筋膜②」
だったんですが、下肢セミナーで
おさらいしたテクニックのなかでも、

 

 

比較的サラッと過ぎてしまう
【足部】
についてフォーカスしたいと思います。

 

 

下肢セミナーでお伝えしている
足部テクニックといえば、

 

 

【中足骨ネジネジ】
(正式名称:足根中足関節の調整)と、

 
【立方骨の調整】

 

 

技術的にあまり難しくないので、
他の部位よりサラッと過ぎ去るので
あまり注目はされてませんが、
足部にとっては必要な治療になります。

 

 

まずは、中足骨について。
足部は大きく分けて、

 

 

①距骨・踵骨を中心とした後足部、
②立方骨を中心とした中足部、
③リスフラン関節より前の前足部

 

 

に分かれ、それぞれに役割があります。

 

 
中足骨が関与する「前足部」には
【柔軟性】
が求められます。

 

 

分かりやすいのは、
歩行周期のロッカーファンクション。

 

 

特にフォアフットロッカーです。

 

 

このフェーズに移行するには、
足指が背屈しなければなりません。

 

 

そして重心も高くなるので
足指間が広がって安定をも
図らなければなりません。

 

 

前足部には背屈位になる柔軟性と、
背屈位になることによって得られる安定性の
二つの機能を持ち合わせています。

 

 

さあ、

 

 

【中足骨ネジネジ】

 

 

試したくなったでしょ?

 

 

維持期の脳血管の患者さんや、
普段装具を履いている方には
効果的ですよ(^^)/

 

 

今日はここまで

 

 

最後まで読んでいただき有難うございます。

 

 

IAIR北海道支部 認定インストラクター
理学療法士 中嶋 光秀

 

 

PS.セミナー翌日から、胃腸炎で2日間
ダウン…。
なぜか、支部長ともシンクロしてて
二人で毒だししてました( ̄▽ ̄)
—————————————-
セミナー情報

【Bクラスライセンス認定試験】
合格するとBクラスセラピストとして認定
&Aクラスセミナーの受講資格を取得
できます。
名目は検定試験ですが、落とすためではなく、
今後の皆さんの成長の方向性を個別に
アドバイスする、貴重な2日間。
この1年の総復習&1年続けることで
得た技術を基に更なるテクニックの追加と、
新たな道への進むための個別アドバイスが
メインです。
今年一年頑張った方、過去に
検定を受けてない方は、この機会を
逃さないでくださいね
リニューアルされたHPへの登録がまだ
の方も、下記からご登録ください。
日時:平成28年12月3、4日
時間:10:00~16:00
場所:札幌産業振興センター
詳細、お申込みはコチラ↓
https://iair-member.jp/touhoku/html/products/detail/62


Comment are closed.