新人さん質問あるある

「疾患名□□□のリハビリの仕方を教えてください~

目的と手段を考える~」 

 

 

第72回

明日から使えるベテランPTのワンポイントテクニック】

 

 

皆さん、こんにちは。

北海道在住IAIR認定インストラクター

「ジマさん」こと中嶋 光秀です。

 

 

先週の日曜日に10kmマラソンに参加してから、右肩、右肘痛に悩まされてます。

(四十肩???)

 

 

中々肉体が回復しにくい年齢になってきましたが、そこは経験でカバー・・・

できるといいな(苦笑)

 

 

気を取り直して今日は新人あるあるで。

 

 

突然ですが皆さん、

新人・若手スタッフからこんな質問を受けた

こと、ありませんか?

 

 

「私の担当患者の○○さん、疾患名□□□

なんですが××の動作ができないんです。

□□□のリハビリのやり方でやってるんでんすけど上手くいかなくて・・・。

××ができるようになる□□□のリハビリって何かありますか?」

 

 

私も若いころはこんな質問先輩にしましたね。

 

 

ここで皆さんならどういう対応をしますか?

 

 

「□□□のリハビリの仕方はね、」

って優しく手を取りながら・・・。

 

 

って、ちょっと待った✋

 

 

この対応でOK?でしょうか。

 

 

この質問には新人・若手スタッフのリハビリに対する考え方が隠されています。

 

 

まずはこの質問のポイントを整理します。

 

 

ポイントになるのは

  • ○○さんの疾患名が□□□

 

  • ××の動作ができない

 

  • ××を獲得できるよう□□□のリハビリを教えて欲しい。

 

 

分けるとこんな感じです。

 

 

皆さんこの質問に違和感を感じませんか?

 

 

実はこの3つに分けた要素の中には、

 

【○○さんのリハビリテーション】

 

という視点が無いんです。

 

 

私達が仕事にしていることは、

【疾患名□□□へのリハビリ】では

ありません。

 

 

【□□□という疾患を抱えた○○さんが、

今後の人生をどう生きていくかを

サポートすること】がセラピストの役割であり、リハビリテーションの本質です。

 

 

××の動作ができないことで、○○さんが

何に困っていて、動作ができたら、その先に何があるのかという少し高い視点と

(もっというと生活・人生がどう変わるとか)

 

 

××の動作ができない要因に疾患□□□のどんな要素があるのか?

という近い視点。

 

 

この行き来が大切です。

 

 

××の動作ができない要素を解消するために

は、いろんなテクニックを用います。

 

 

方法論・技術は必要ですが、それは「患者さんの生活・人生をサポートする一手段」でしかありません。

 

 

新人・若手に限らず、

□□□のリハビリのやり方ではなく、○○さんの生活・人生をより良くするにはどうしたらいいか?

 

 

そんな風に考えるセラピストが増えると、

この業界もまだまだ成長していきますね。

 

 

今日はここまで‼

 

 

最後まで読んでいただき有難うございます。

 

 

IAIR北海道支部 認定インストラクター

理学療法士 中嶋 光秀

 

 

PS.もちろん治療技術は大切ですよ。

当たり前に結果が出せるのが大前提。

結果が出せるセラピストになりたい方

はB-classライセンスコースの受講を

おススメします(^^)

 

—————————————-

セミナー情報

 

B-classセラピストライセンスコース

(旧ベーシック1・2)

北海道では4月末より開催になっています。

途中からの参加も問題ありませんので、

是非お待ちしております。

 

B-classセラピストライセンスコース詳細↓↓http://iairtohoku.jp/b-class

 

 

次回は7/2、セラピストtune upセミナー。

 

実は、治療の上手なセラピストって、

○○法や□□テクニック等の治療技術を

知っているからじゃないんです。

 

自分の体を自在にコントロールすることで、

繊細なタッチや、正確な治療を可能にしているんです。

 

セラピスト自身の身体作りが上手くできると、

どんな治療手技でも使いこなすことが可能になります。

 

是非この機会に、自らの体をtune up

して、治療の達人に一歩近づいてください

 

 

B-classセラピストライセンスコース

セラピストtune upセミナーin札幌

日時:平成28年7月2日(土)

時間:9:30~16:30

場所:札幌産業振興センター

詳細、お申込みはコチラ↓↓

http://iairtohoku.jp/seminar/basic12/tuneup/

 

 

第二回IAIR学会開催!!

 

平成28年10月29、30日

第二回国際統合リハビリテーション学術大会

http://iairjapan.jp/congress2016/

 

北海道作業療法士会のHPにも

掲載されています‼

http://www.haot.jp/sig/20160520-4.html

 

OTでは知らない人はいない山根先生をはじめ、統合医療の先頭を走る帯津先生、川嶋先生、

金融アナリストの大川先生からは生活を守る

ための「お金」の話、などIAIRならではの

豪華講演があります。

 

今年は変わりたいと思っているあなた。

セミナー、学会に参加してIAIRで

共に成長しましょう!!

 

その他7月開催のセミナー

 

【新人のための解剖触診セミナー

「下肢編」】1~5年目限定です。

(認定セミナーの触診とは違います)

日時:平成28年7月16日(土)

10:00~15:30

場所:札幌産業振興センター

詳細はこちら↓↓

http://iairtohoku.jp/sinjin/syokusin/kasi

 

【IAIRコアコンディショニングセミナー

1DAY編】

日時:平成28年7月17日(日)

10:00~15:30

場所:札幌産業振興センター

詳細はこちら↓↓

http://iairtohoku.jp/seminar/iairseminar/core/

 

 


Comment are closed.