ママセラピスト三浦恵の等身大コラムVol.66

 

 

皆さん、こんにちは。
認定インストラクターの三浦恵です。

 

 

セラピストが
臨床で悩むことと言えば、
どんなに経験を積んでも、
何年経っても

 

 

「目標を達成できるか」

 

 

ということかと思います。

 

 

「目標を達成できる」
ということは言い換えれば

 

 

「満足感を得られたか」

 

 

ということですよね。

 

 

それは外来1単位での
関わりでも、

 

 

通所で1日の関わりでも、
入院や在宅での
中長期での関わりでも同じです。

 

 

ただし、この「満足感」という言葉は
必ずしも「改善」を
指すわけではありません。

 

 

機能が改善しなくても
満足感を得られ、
目標を達成できることは
臨床場面では多々あります。

 

 

一見機能が改善していないのに
目標が達成するのか?

 

 

これは、
患者(利用者やクライアント)―セラピスト間での
目標が共有できているか
どうかにかかっています。

 

 

「目標の共有」

 

 

という言葉なんて
学生時代から
ずっと聞かされてきましたよね。

 

 

しかし、療法士が
心身の機能評価に基づいて出した
目標設定が、

 

 

療法士側のエゴに
なっていることはありませんか?

 

 

PTですと

 

 

「今よりより良いレベルで動く、歩くことができる」

 

 

というのは、
常に目標設定に上がる項目です。

 

 

果たしてより良いレベルで歩くことが
必要なのか。

 

 

それで満足が得られるのか。

 

 

本当の目標は
より良いレベルに到達すること
なのか。

 

 

これは常に
考えておかないといけない
部分です。

 

 

しかし、機能の改善を求めないことは
知識やテクニックが無い言い訳のようにも
捉えられかねません。

 

 

この話は大前提として、
「知識、テクニックがある
療法士でいること」

が求められます。

 

 

これも大事な要素ではありますが、
私は目標を達成できる療法士にとって
更に大事なものがあると思っています。

 

 

目標を達成するということは、
「できなかった」ことが
「できる」ようになるという
時系列上での変化が必要です。

 

 

つまり「今」から「未来」へ
変化していくということ。

 

 

そのために必要なこと、それが
「想像力」

 

 

臨床における
「ゴールを思い描く力」
です。

 

 

当然と言えば当然なのですが、
未来が想像できないがために
目標設定を誤ってしまうことがあります。

 

 

療法士として
経験を積めば積むほど、
様々な境遇の患者さんに
出会います。

 

 

恵まれている人もいれば、
不遇と言わざるを得ない人も
います。

 

 

家族や人間関係、
金銭的な問題、
法律上の問題、

 

 

時には社会情勢が
関わってくることもあります。

 

 

そんな様々なバックグラウンドを持っている
患者さんの目標設定が
一律に「より良いレベルで歩行する」で
いいはずがないのです。

 

 

再度言いますが、
知識やテクニックは大前提
ですよ。

 

 

機能を改善するには
知識、テクニック、経験が必要です。

 

 

目標を達成するには
知識、テクニック、経験に加えて
「想像力」が必要なのです。

 

 

AIが発達し、臨床現場にもVR技術、
コミュニケーションロボット、
ロボットスーツなどが
かなり普及してきています。

 

 

その中で、人間にしかできない能力は
まさに「想像する力」だと思います。

 

 

評価で得た心身機能の情報や、
ICFに基づく因子などを
統合させるのも「想像力」が必要でしょう。

 
目標達成できないのは
もしかしたら知識でも、
テクニックでもなく

 

 

患者さんの未来を見据える想像力かも
しれません。

 

 

皆さんは想像力を持って
日々の目標設定をしていますか?

 

 

私が知識、テクニック、そして想像力まで
磨かれたのは
IAIR(国際統合リハビリテーション協会)
>>>https://iairjapan.jp/

 

 

本日はここまで。
お読みいただきありがとうございました。

 

 

認定インストラクター
三浦 恵

********************************************
<<最新セミナー情報>>

北海道第二期開催決定!
【in北海道しとやかケアベーシックセミナー(しとやかケアインストラクター養成講座)】
日時:①②平成30年8月18-19(土日)
③④平成30年9月29-30(土日)
4日間のコースとなります。
※④以外は単発での受講が可能です。
時 間:9時30分~16時30分(4日間とも)
場 所:札幌市内で調整中
講 師:しとやかケア認定講師 三浦恵
対 象:女性(職種問わず、女性であればどなたでも受講できます)
定 員:10名(先着順)
詳細:https://gracefulcare.iairjapan.jp/
お申し込み:
https://39auto.biz/gracefulcare/registp.php?pid=11

しとやかケアベーシックコースの入門編!
【PMSと生理痛のメカニズムとセルフコンディショニングセミナーin北海道】
日 時:平成30年6月24日(日)
時 間:10時~16時
場 所:札幌市内で調整
講 師:しとやかケア認定講師 三浦恵
対 象:女性(職種問わず)
定 員:20名(先着順)
参加費;8,640円(税込)
お申し込み:https://39auto.biz/gracefulcare/registp.php?pid=7

【PMSと生理痛のメカニズムとセルフコンディショニングセミナーin仙台】
日 時:平成30年7月8日(日)
時 間:10時~16時
場 所:東京エレクトロンホール宮城 和室
講 師:しとやかケア認定講師 三浦恵 理学療法士
対 象:女性(職種問わず)
定 員:20名(先着順)
参加費;8,640円(税込)
お申し込み:https://39auto.biz/gracefulcare/registp.php?pid=3

【受講するなら会員登録がお得】
・認定講座受講料会員優待(会員29,800円、非会員39,800円)
(※H30年度より適応)
・学会参加の割引(会員は5,000円引き)
・強化学習登録可能(登録料19,800円 登録期限なし)
・オリジナルヨガマット、Tシャツ会員価格で購入可能
・IAIR認定セミナーを会員価格で受講可能(10,000円割引)
・有料動画コンテンツ、DVD、IAIR公式サイトでのコミュニティ参加
※準備中
・セミナーの先行予約
・Bクラス、Aクラスでのディプロマ発行
・IAIR認定国際統合リハビリテーション士(IRT)の受講資格が得られる
・共同研究や学会発表のサポートが受けられる
協会会員登録はコチラ
https://iairjapan.jp/join

 

 


Comment are closed.