第147回 コラム 【私がIAIRで学んで変わった事】

 

 

【当協会の目的】

 

 

皆さん、こんにちは。
IAIR東北インストラクターの川田です。

 

 

私は、介護保険分野の
通所介護事業所で働いています。

 

 

私がお伝えするのは、
当協会の理論であるTGAを使って
通所介護現場での
アセスメントを考えるシリーズです。

 

 

今回のお題は、TUGテストです。

 

 

【テストの特徴】
TUGテスト(timed up&go test)とは、
歩行能力や動的バランス、
敏捷性(びんしょうせい)などを
総合的に判断するテストです。

 

 

TUGテストは、
様々な研究者によって
研究成果が報告されていますが、

 

 

一般的には転倒リスクの高い方を
判断するのに有用なテスト
とされています。

 

 

特に、高齢者の運動機能に関しての
信頼性は高く、
下肢の筋力、バランス、歩行能力、易転倒性
といった日常生活機能との関連性が
高いことが示唆されています。

 

 

そのため、医療現場だけでなく、
介護現場での評価としても
実施されています。

 
【用意するもの】
1 ストップウォッチ1個
2 記録用紙項
3 ひじ掛けのない椅子
4 折り返しの地点の目印

 

 

【テスト方法】
1.椅子に深く座り、背もたれに
背中を付けた座位を取る

 

 

2.椅子から立ち上がり、
コーンを折り返して、再び椅子に座る。

 

 

【注意点】
(1) 転倒に注意する

 

 

【結果のとらえ方】
13.5秒以上:転倒リスクが予測される
30秒以上:起居動作や日常生活動作に介助を要する

 

 

さらに、日本整形外科学会は
運動器不安定症を判断する基準として、
TUGテストのカットオフ値を
「11秒以上」としています。

 

 

【何がわかるの?】
動的立位動作バランスの状態
転倒リスクがどの程度か

 

 

【改善の為の検査の見方】
TUGテストの工程を5つに分けます。
①立ち上がり
②往路歩行
③方向転換
④復路歩行
⑤着座
の5つです。
この工程のどこに一番時間がかかるのか観察します。

 

 

【文献的考察】
神奈川県立保健福祉大学の黒沢先生の研究によると、
高齢者のTUGの特徴として、
若者と比較した結果、

 

 

往路・復路の歩行速度が低下する事、
方向転換の際の原則が間に合わず、
方向転換の距離が大きくなることが
明らかになっています。

 

 

※2016年の研究による
 

【TGAを使った改善アプローチの例】
今回は大回りになってしまう
という現象についてのみ記述しますが、
歩行周期で言う減速期(踵接地期)に
問題のある方が多くみられます。

 

 

機能面でのアセスメントでは
前脛骨筋の求心性、遠心性収縮が
弱い方が多いです。

 

 

前脛骨筋は踵接地期において
減速のために重要な働きをします。
(詳しくは、石井慎一郎著、動作分析臨床活用基礎講座等を読んでください)

 

 

【やり方】
前脛骨筋は、
下腿の骨間膜に付着しますので、
下腿へのTGAが有効となります。

 

 

脛骨を腓骨の間を徒手で近づけ
骨間膜にゆるみを作り、
足関節を底背屈させる事で、
軟部組織の滑走を促します。

 

 

是非お試しあれ☆

 

 

追伸
日本理化学工業(株)の会長さんの話で
こんな話があります。

人間の究極の幸せは

①人に愛される事
②人に褒められる
③人の役にたつ事
④人から必要とされる事

そして、働くことでこれらの4つが手に入ると。

TGA理論をもとにしたIAIRのセミナーで、
療法士として働くことの
意味・意義を再考してみませんか?

詳しくは

【IAIRのカリキュラムの特徴】
一般的に学校で学ぶ学習の段階

①知る:知識を得る(教科書を読む)
②わかる:(先生とのやり取り)
③行う(授業でみんなの前で説明する)
④出来る(テストで正解する)
⑤分かち合う(クラスできない子に教える)

こんな感じだと思います。
でも①から始めると情報量が多いので
大変なのです。

③→④→①→②→③→④→⑤から始める
学習方法が
IAIRのカリキュラムの特徴です。

認定インストラクタ―川田佳弘

********************************
セミナー情報
********************************
【受講するなら会員登録がお得】
・認定講座受講料会員優待(会員29,800円、非会員39,800円)
(※H30年度より適応)
・学会参加の割引(会員は5,000円引き)
・強化学習登録可能(登録料19,800円 登録期限なし)
・オリジナルヨガマット、Tシャツ会員価格で購入可能
・IAIR認定セミナーを会員価格で受講可能(10,000円割引)
・有料動画コンテンツ、DVD、IAIR公式サイトでのコミュニティ参加
※準備中
・セミナーの先行予約
・Bクラス、Aクラスでのディプロマ発行
・IAIR認定国際統合リハビリテーション士(IRT)の受講資格が得られる
・共同研究や学会発表のサポートが受けられる
協会会員登録はコチラ

<仙台>
強化学習のお申込みはこちら↓
https://iairjapan.jp/apply

<仙台>
◆Bクラスセラピストコース
コースのお申込みはこちら>>>https://iairjapan.jp/iair-course-info
詳しくは


Comment are closed.