第134回 コラム 【私がIAIRで学んで変わった事】

 

 

【当協会の目的】

 

 

皆さん、こんにちは。
IAIR東北インストラクターの川田です。

 

 

あなたが何かになりたい、
どこかに行きたいと思ったとき、
一番大事な事は何でしょうか??

 

 

例えば、カーナビを
思い浮かべてください。

 

 

目的地に行くのに
一番初めにやる事は
現在地の把握です。

 

 

そう、

 

 

今どこにいるのか
わからないのに、
目的地に行くことは
できないのです。

 

 

そして、現在地の把握に
大切なのは、
数値化だと感じています。

 

 

例えば、あなたの担当する
患者さんの割合で
最も多いのは
何科の患者さんでしょうか?

 

 

主病名はどんな病名が
多いのでしょうか?

 

 

割合など数値化
しているでしょうか?

 

 

これによって、今、
あなたが学ぶべき方向性が
決まります。

 

 

また、自分の一定期間、
例えば一カ月、
一年間のお客様の改善率を
把握しているでしょうか?

 

 

改善率の数値の根拠は
明確にしていますでしょうか?

 
バーセルインデックスでしょうか?
自宅退所率でしょうか?
介護度の改善でしょうか?
麻痺や筋力の改善でしょうか?

 

 

色々ありますが、
どれを選択しますか?

 

 

これによっても、
学ぶ内容が変わりますよね。

 

 

去年あるいは一カ月前と
どう変わりましたか?

 

 

変わっていない、もしくは
悪くなっているのであれば、

 

 

学びの為に一歩踏み出す時か、
学んでいる内容を
変える時かもしれませんね。

 

 

数値として明確にすることは
嬉しい結果になるかもしれませんし、
辛い結果になるかもしれません。

 

 

が、現在地を明確にするためには
とても大切な事と感じています。

漠然と何かに悩む前に、
まず、数値化し
現在地を把握してみて下さいね。

 

 

参考までに私の数値化です。

 

 

私は介護保険分野のセラピストです。
業務形態はデイサービスです。

 

 

平均介護度1.2
対象者で最も多い疾患は整形疾患
ケアプランで多い依頼は、転倒予防
過去三カ月の維持改善率は69%
(指標は、介護度やBI、その他アセスメント数値の上昇)

 

 

改善率の高いアセスメントはTUG
改善率の良くない
アセスメントは開眼片脚立位

 

 

整形疾患に関する勉強や、
開眼片脚立位改善に
関する勉強が必要ですね。

 

 

追伸、
日本理化学工業(株)の
会長さんの話で
こんな話があります。

 

 

人間の究極の幸せは

 

①人に愛される事
②人に褒められる
③人の役にたつ事
④人から必要とされる事

 

 

そして、働くことで
これらの4つが手に入ると。

 

 

TGA理論をもとにした
IAIRのセミナーで、
療法士として働くことの
意味・意義を再考してみませんか?

 

 

【IAIRのカリキュラムの特徴】
一般的に学校で学ぶ学習の段階

 

 

①知る:知識を得る(教科書を読む)
②わかる:(先生とのやり取り)
③行う(授業でみんなの前で説明する)
④出来る(テストで正解する)
⑤分かち合う(クラスできない子に教える)

 

 

こんな感じだと思います。

 

 

でも①から始めると
情報量が多いので大変なのです。

 

 

③→④→①→②→③→④→⑤から始める
学習方法がIAIRのカリキュラムの特徴です。

 

 

認定インストラクタ―川田佳弘

********************************
セミナー情報
********************************
【受講するなら会員登録がお得】
・認定講座受講料会員優待(会員29,800円、非会員39,800円)
(※H30年度より適応)
・学会参加の割引(会員は5,000円引き)
・強化学習登録可能(登録料19,800円 登録期限なし)
・オリジナルヨガマット、Tシャツ会員価格で購入可能
・IAIR認定セミナーを会員価格で受講可能(10,000円割引)
・有料動画コンテンツ、DVD、IAIR公式サイトでのコミュニティ参加
※準備中
・セミナーの先行予約
・Bクラス、Aクラスでのディプロマ発行
・IAIR認定国際統合リハビリテーション士(IRT)の受講資格が得られる
・共同研究や学会発表のサポートが受けられる
協会会員登録はコチラ

<仙台>
強化学習のお申込みはこちら↓
https://iairjapan.jp/apply

<仙台>
◆Bクラスセラピストコース
コースのお申込みはこちら>>>https://iairjapan.jp/iair-course-info
詳しくは


Comment are closed.