第124回 コラム 【私がIAIRで学んで変わった事】

 

 

みなさん、こんにちは。

 

 

僕はIAIRに関わるようになってから
仕事が楽しくなりました。

 

 

好きになりました。

 

 

理由は、物事の見方の幅が広がり、
それまでは気が付けなかった事に
気が付けるようになり、
改善する方が増えたからです。

 

 

僕がIAIRの活動をお手伝いさせていただく理由は、
・自分の事が大好きなセラピストの育成
・リハビリテーションという仕事が好きになるセラピストの育成
の2つです。

 

 

本日も臨床的視野を広げて
仕事が楽しくなり、
自分が好きになれる内容を
書いていきます!

 

 

【当協会の目的】
https://iairjapan.jp/first

**********************
お客様の行動パターンを変えるには?
*********************
皆さん、こんにちは。
インストラクターの川田です。

 

 

連休も仕事の毎日です。
働けるって本当に幸せですね。

 

 

私がIAIRで学んだことは
テクニックのみではなく
『段階的思考』です。

 

 

私は日々の業務の問題点を解決すべく、
『段階的思考』活用しています。

 

 

通所介護事業所で
個別機能訓練加算を算定している場合は
3カ月に一回、
お客様のお宅を訪問する居宅訪問に行きます。

 

 

本人から普段の生活の様子、
家族から介護での困りごとなんかを
聴くわけです。

 

 

『通所介護利用しない日は
どんなことして過ごしていますか?』

 

 

と言う事を聴くと8割?10割?の方は、
『テレビを見ている』と答えます。

 

 

これは、出どころの詳細は忘れましたが、
公共機関の統計調査でも
明らかになっています。

 

 

午前午後自主トレに励んでいます
などという答えは
ほとんど聞いたことがないですね。

 

 

と言う事は、見ているテレビの内容に
自主トレーニング継続の意識付けの
ヒントがあるかもしれません。

 

 

民法やNHKの健康関連番組などを
見ていただけると
いいのかもしれませんね。

 

 

私は
お客様に新聞のテレビ欄の健康番組欄に、
蛍光ペンで印をつけたものをお渡しして

 

 

『こんなのやっていますよ。
もしよろしければ見てくださいね。』

 

 

という、地道な活動をしてます。

 

 

変化があれば続報を書きますね。

 

 

自分が変われば相手が変わる。
IAIRでぜひ『段階的思考』を
学んでみませんか?

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

【IAIRのカリキュラムの特徴】
一般的に学校で学ぶ学習の段階
①知る:知識を得る(教科書を読む)
②わかる:(先生とのやり取り)
③行う(授業でみんなの前で説明する)
④出来る(テストで正解する)
⑤分かち合う(クラスできない子に教える)

 

 

こんな感じだと思います。

 

 

でも①から始めると情報量が多いので
大変なのです。

 

 

③→④→①→②→③→④→⑤から始める
学習方法が
IAIRのカリキュラムの特徴です。

 

 

認定インストラクタ―川田佳弘

********************************
セミナー情報
********************************
【受講するなら会員登録がお得】
・認定講座受講料会員優待(会員29,800円、非会員39,800円)
(※H30年度より適応)
・学会参加の割引(会員は5,000円引き)
・強化学習登録可能(登録料19,800円 登録期限なし)
・オリジナルヨガマット、Tシャツ会員価格で購入可能
・IAIR認定セミナーを会員価格で受講可能(10,000円割引)
・有料動画コンテンツ、DVD、IAIR公式サイトでのコミュニティ参加
※準備中
・セミナーの先行予約
・Bクラス、Aクラスでのディプロマ発行
・IAIR認定国際統合リハビリテーション士(IRT)の受講資格が得られる
・共同研究や学会発表のサポートが受けられる
協会会員登録はコチラ
https://iairjapan.jp/join
<仙台>
強化学習のお申込みはこちら↓
https://iairjapan.jp/apply

<仙台>
◆Bクラスセラピストコース
コースのお申込みはこちら>>>https://iairjapan.jp/iair-course-info
詳しくは
https://iairjapan.jp/license

 


Comment are closed.