第122回 コラム 【私がIAIRで学んで変わった事】

 

 

みなさん、こんにちは。
僕はIAIRに関わるようになってから、
仕事が楽しくなりました。
好きになりました。

 

 

理由は、物事の見方の幅が広がり、
それまでは気が付けなかった事に
気が付けるようになり、
改善する方が増えたからです。

 

 

僕がIAIRの活動をお手伝いさせていただく理由は、

 

 

・自分の事が大好きなセラピストの育成
・リハビリテーションという仕事が好きになるセラピストの育成

 

 

の2つです。

 

 

本日も臨床的視野を広げて仕事が楽しくなり、
自分が好きになれる内容を書いていきます!

 

 

【当協会の目的】

 

 

**********************
人の悪口言いそうになることありませんか?
その時、ちょっと待った方がいい事あるかもよ。
*********************

 

 

皆さん、こんにちは。
インストラクターの川田です。
今年1月から新しい職場で再チャレンジ中です。

 

 

突然ですが、あなたは
人の悪口を言いたくなる時が
ありませんか?

 

 

僕は人間が出来てないので
かなりあります。笑

 

 

先日もありました。

 

 

ほとんどの職場では限られたパソコンの台数で
入力やら、書類作成をしていると思いますが、
ずーっとPCを独占しているスタッフがいるのでした。

 

 

しかも途中で利用者さんと
話に行ったりして席を外しているし。

 

 

パソコンで何をしているのかも
いまいち見えてきませんでした。

 

 

正直私は、
『何やってんだよ。こっちだって書類あるのに。
もう少し考えてほしいな。
あー、今日も残業か。』

 

 

なんでちょっぴり?笑
イライラすることがありました。

 

 

しかし、私の立場は新人です。笑

 

 

こっそり、リーダーに相談して、
自分の手は汚さずに、
リーダーから言ってもらおうかなとか、
ゲスい事も考えていました。

 

 

でも、思い知ったんです。
その方が、本当は何をしていたのか、
そしてそれが私の為だったと言う事を。

 

 

僕がPCを独占していると
感じている方は
まもなく産休に入る方でした。

 

 

その方が、産休に入る前日に
僕に書類をプレゼントしてくれたんです。

 

 

A3用紙で8枚にもなります。

 

 

内容に目を通すと、
全てのお客様の、ケアプランの目標、
自分が感じている機能訓練の問題点、
経過、性格、家族関係、家屋構造の問題点。
全てが網羅してありました。

 

 

そして、こんな言葉をかけてくださいました。

 

 

『川田さん、来たばっかりで十分指導も、
引継ぎもできないまま
産休に入ってしまい、本当にごめんなさい。

 

 

川田さんの役に立てればと思って
これだけどうしてもまとめようと思ったんです。
良かったら使ってください』

 

 

って。

 

 

僕は何もわかっていなかったんです。

 

 

この方がどんな思いでPCを使っていたのか。
書類を作っていたのか。

 

 

きっと体調だって、つらい時もあったでしょう。

 

 

休みたい時だってあったはずです。

 

 

でも、

 

 

彼女は僕の為に
必死に作ってくれていたんです。

 

 

僕は、自分の都合ばっかり考えていたんですね。

 

 

書類を受け取ってから、
僕は自分の都合ばかり考えていた
自分がとても恥ずかしいと感じました。

 

 

そして、休息時間に
他のスタッフに陰口をたたいたり、

 

 

リーダーから注意してもらうよう
仕向けなくて
本当によかったと思いました。

 

 

もし、私が不平不満、陰口を言ってしまっていたら・・・。

 

 

書類をいただいた後に、
それが周りからその方に聞こえてきたら・・。

 

 

とても悲しい感情にさせてしまったと思います。

 

 

そうならなくて、本当によかった。

 

 

あなたにも同じような経験ありませんか?

 

 

あなたが不快に思う状況でも、
もしかしたら、相手はあなたの事を思って
最善を尽くしている。

 

 

のかもしれません。

 

 

不平不満、陰口が口から出そうになった時、
ほんのちょっと時間をおいてみると、
事態は思わぬ方向に転がるかもしれません。

 

 

是非心がけてみてくださいね。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

追伸
会員更新が間近に迫っています。
現会員の方はコチラから

【IAIRのカリキュラムの特徴】
一般的に学校で学ぶ学習の段階
①知る:知識を得る(教科書を読む)
②わかる:(先生とのやり取り)
③行う(授業でみんなの前で説明する)
④出来る(テストで正解する)
⑤分かち合う(クラスできない子に教える)

こんな感じだと思います。
でも①から始めると情報量が多いので大変なのです。
③→④→①→②→③→④→⑤から始める学習方法がIAIRのカリキュラムの特徴です。

認定インストラクタ―川田佳弘

********************************
セミナー情報
********************************
【受講するなら会員登録がお得】
・認定講座受講料会員優待(会員29,800円、非会員39,800円)
(※H30年度より適応)
・学会参加の割引(会員は5,000円引き)
・強化学習登録可能(登録料19,800円 登録期限なし)
・オリジナルヨガマット、Tシャツ会員価格で購入可能
・IAIR認定セミナーを会員価格で受講可能(10,000円割引)
・有料動画コンテンツ、DVD、IAIR公式サイトでのコミュニティ参加
※準備中
・セミナーの先行予約
・Bクラス、Aクラスでのディプロマ発行
・IAIR認定国際統合リハビリテーション士(IRT)の受講資格が得られる
・共同研究や学会発表のサポートが受けられる
協会会員登録はコチラ

<仙台>
強化学習のお申込みはこちら↓
https://iairjapan.jp/apply
<仙台>
◆Bクラスセラピストコース
コースのお申込みはこちら>>>https://iairjapan.jp/iair-course-info
詳しくは

【岩手会場】
「症状別肩疾患セミナー」
開催日:平成30年4月8日(日) 10:00〜16:00
会場 :いわて県民情報交流センター アイーナ
講師 :IAIR認定アドバンスインストラクター
申し込み:https://iairjapan.jp/product/shoulder


Comment are closed.