第118回 コラム 【私がIAIRで学んで変わった事】

 

 

みなさん、こんにちは。
僕はIAIRに関わるようになってから、
仕事が楽しくなりました。
好きになりました。

 

 

理由は、物事の見方の幅が広がり、
それまでは気が付けなかった事に
気が付けるようになり、
改善する方が増えたからです。

 

 

僕がIAIRの活動を
お手伝いさせていただく理由は、

 

 

・自分の事が大好きなセラピストの育成
・リハビリテーションという仕事が好きになるセラピストの育成

 

 

の2つです。

 

 

本日も臨床的視野を広げて
仕事が楽しくなり、
自分が好きになれる内容を書いていきます!

【当協会の目的】

 

**********************
新人の悩み
*********************

【新人セミナーを終えて】
2月25日にIAIRの新人セミナーに
インストラクターとして参加しました。

 

 

新人セミナーですので経験年数1~3年目、
20代前半の若い方ばかりです。 

 

 

そういう方々と話していると、
16年目の自分も
「まあ、そこそこ年を取ったんだなあ」
と思います。笑   

 

 

とあるセラピストが昼食を食べながら、
普段の仕事の話をしてくれました。 

 

 

その方の悩みは 

 

 

『このままでいいのか毎日不安で』 

 

 

という物でした。簡単にまとめると、 

 

 

しっかり患者さんを見たくて
セラピストになったのに
書類や委員会、業務に追われて
評価する時間がない。 

 

 

先輩もいるけど、
先輩も業務が多くて残業もしている。 

 

 

家庭もあるので自分の質問で
帰りが遅くなる姿を見ていると、
なんだか悪くて聞きたいことも聞けないんです。 

 

 

といったものでした。 

 

 

聞いていて、何て優しい子なんだろうと
涙が出そうになりました。 

 

 

もしかしたら、これをお読みのあなたや
あなたの部下が
同じ悩みを抱えているかもしれませんね。 

 

 

【自分の事として振り返ってみると】
私も同じ悩みがあった時期がありました。 

 

 

とにかく覚える事が多すぎて、
何から手を付けていいのかわかりません。 

 

 

解剖や運動学の本を読んでも、
目の前の現象と結びつけることなど
到底できませんでした。 

 

 

このままセラピストをしていいのか
毎日漠然とした不安がありました。 

 

 

今振り返ると
その頃って、学校教育で受けた
疾患別リハビリのように細かく分けて
物事をとらえようとしていました。 

 

 

脳卒中のリハビリという本を読んで、
メモをとってまとめて、
次にパーキンソン病のリハビリという本を
読んでまとめて。 

 

 

対象となっているのは同じ人間の体なのに、
疾患別にそれらの知識ややり方を
別々に手に入れようとしていたのです。 

 

 

今思うとこれってものすごい情報量ですよね。 

 

 

結果、何が何だか分からなくなって
途中で勉強を投げ出したり、
趣味や遊びに現実逃避していました。笑 

 

 

【IAIRと出会って手に入れた考え方】
以前のように疾患からのとらえ方ではなく、
人間として総合的に人体をみると言う事が
出来るようになりました。 

 

 

○○疾患だから
こういうリハビリではなくて、 

 

 

人が健康を維持する要素
○○と○○があって、
この人の場合その中のどれが
機能していないのかな? 

 

 

検査結果ではどうかな? 

 

 

その結果で今の自分ができるテクニックの中で
当てはまるものは何かな?的な
やり方です。 

 

 

この考えかたが実践できるようになってから、
目の前の患者さんの変化も
格段に変わりました。 

 

 

【最後に】
今現実で不安があったら考え方を変える事です。 

 

 

細部にこだわってうまくいっていないとしたら、
一回全体を大きくみる考え方を
手に入れてはいかがでしょうか? 

 

 

僕はその考え方をIAIRで学びました。
あなたも手に入れてはいかがでしょうか? 

 

 

【IAIRのカリキュラムの特徴】
一般的に学校で学ぶ学習の段階
①知る:知識を得る(教科書を読む)
②わかる:(先生とのやり取り)
③行う(授業でみんなの前で説明する)
④出来る(テストで正解する)
⑤分かち合う(クラスできない子に教える) 

 

 

こんな感じだと思います。
でも①から始めると情報量が多いので大変なのです。 

 

 

③→④→①→②→③→④→⑤から始める学習方法が
IAIRのカリキュラムの特徴です。

認定インストラクタ―川田佳弘

********************************
セミナー情報
********************************
【受講するなら会員登録がお得】
・認定講座受講料会員優待(会員29,800円、非会員39,800円)
(※H30年度より適応)
・学会参加の割引(会員は5,000円引き)
・強化学習登録可能(登録料19,800円 登録期限なし)
・オリジナルヨガマット、Tシャツ会員価格で購入可能
・IAIR認定セミナーを会員価格で受講可能(10,000円割引)
・有料動画コンテンツ、DVD、IAIR公式サイトでのコミュニティ参加
※準備中
・セミナーの先行予約
・Bクラス、Aクラスでのディプロマ発行
・IAIR認定国際統合リハビリテーション士(IRT)の受講資格が得られる
・共同研究や学会発表のサポートが受けられる
協会会員登録はコチラ
https://iairjapan.jp/join

<仙台>
強化学習のお申込みはこちら↓
https://iairjapan.jp/apply

<仙台>
◆Bクラスセラピストコース
コースのお申込みはこちら>>>https://iairjapan.jp/iair-course-info
詳しくは
https://iairjapan.jp/license

【岩手会場】
「症状別肩疾患セミナー」
開催日:平成30年4月8日(日) 10:00〜16:00
会場 :いわて県民情報交流センター アイーナ
講師 :IAIR認定アドバンスインストラクター
申し込み:https://iairjapan.jp/product/shoulder

【姿勢・動作観察の基本とアプローチへの応用】
日時:平成30年3月17、18日(2日間構成)
両日 10:00~16:00
場所:東京エレクトロンホール宮城 和室403
定員:30名
参加資格:PT、OT、ST
詳細と申し込みはこちら↓
https://iairjapan.jp/events/event/posture-sendai


Comment are closed.