【木曜コラム IAIR × 介護 その33】

 

 

どもども。

インストラクター川田のコラムです。

木曜日は最近僕がはまっている、

「介護とリハビリ」に関するお話をお伝えします。

 

 

今日はあまり、

テクニックに関係のない話題で行きたいと思います。

 

 

以前、介護保険の目的は?

というお題で

『自立支援です』という話を

かかせていただきました。

 

 

今実習で受け持っている学生から、

 

 

自立支援っていうけど

自立って何でしょうか?

 

 

というとっても素敵な質問を

受けたので書いてみます。

 

 

どうやら、その学生は、

自分が自信をもって作成した

リハビリプログラムに

 

 

利用者さんがのってくれないことに

困惑しているようです。

 

 

自立って何でしょうね。

皆さんなら、どう考えますか?

 

 

以前僕は、何でも一人で出来て

人の世話にならないこと

だと思っていました。

 

 

でも、自立ってなんでもできて、

人の世話にならない事だとすると

今の自分はどうでしょうか?

 

 

僕は今日、お弁当をもって職場に行きましたが、

おかずは妻に用意してもらいました。

 

 

お風呂も妻が掃除と沸かしてくれますし、

洗濯も妻に依存しています。

 

 

仕事から帰ってくると、

家事のほとんどは妻がしてくれています。

 

 

もしいないと、とんでもないことになります。

生活できないかもしれません。

 

 

こと細かくみると、

まったく人に頼らず、

自分の力のみで生きていくって

無理ではないでしょうか?

 

 

介護アドバイザーの

高口光子さんと言う方が書いた本に

こんなことが書いてあります。

 

 

『自立というのは誰も助けも借りず、

一人強く逞しく生きていく状態を

さすのではありません。

 

 

大体そんな人はいるはずがありません。

人はいつでも誰かに

心配と迷惑をかけています。

 

 

自分は、いつも誰かに迷惑をかけているんだ

という自覚している人のことを、

一般的に大人と言います。

 

 

私は誰にも迷惑をかけていないと

言い張る人のことを、

一般的には子供といいます。

 

 

年齢には関係のないようです。

 

 

自立というのは、

自らができることと

出来ないことを明らかにし、

 

 

出来ないことをには

しかるべき援助をうけるということで、

しかるべき援助が

提供されている場には、

 

 

健全なる感謝の意が

交流しているということです』

 

 

どうでしょうかね?

 

 

僕はこれを読んで、

『ああ、まさにICFだな』と感じました。

この辺りがわかってくると、

相手の深いニーズがわかってきます。

 

 

統合医療の根幹である

『人を人として見る。』

ということがこの辺りにも深くかかわっている

気がします。

 

 

自立に向かって正しいことをやっているけど、

目の前の利用者さんとうまくいっていない人は

 

もう一度、

 

 

相手に自分のリハビリを受けて

なって欲しい姿について

考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

認定インストラクタ―川田佳弘

***************

~~~今年度よりベーシックプラクティショナーコースが
【B-class ライセンスコース】に生まれ変わりました! ~~~

IAIRでは継続してあなたの成長をサポートしていきます。

 

 

一度受講したセミナーを低料金で復習できる方法がありますので

こちらをおすすめします。

「IAIR強化学習システム」

http://iairjapan.jp/support-learning-system/

 

 

「臨床で結果が出せない原因が分かる。

リハビリセラピストtune upセミナー」

[日時] 2016年7月16日(土) 10:00~16:00

[場所]東京エレクトローンホール宮城 和室403

受講料:シルバーメンバー価格 21,384(19,800円+消費税)(一日間)

定員:32名

詳細:http://iairjapan.jp/ai1ec_event/tuneup-6/?instance_id

 

 

「リハビリの臨床で結果が出せる上肢の評価と治療」
[日時] 上肢➀ 2016年6月12日(日) 9:30~16:30(終了しました)
上肢②:2016年8月20日(土) 10:00~16:00
[会場]6月12日:元気フィールド仙台 体育館側会議室
8月20日 :東京エレクトロンホール宮城 和室403、403
受講料:シルバーメンバー価格29,800円(2日分、税別)
定員:32名
詳細: http://iairjapan.jp/ai1ec_event/upperlimbs-15/?instance_id

 
[IAIR認定 Bクラスライセンス取得コース]の全コースはこちら↓↓↓
骨盤の評価と治療(2日構成)
脊柱の評価と治療(2日構成)
筋膜の評価と治療(2日構成)
上肢の評価と治療(2日構成)
下肢の評価と治療(2日構成)
触診スキル向上(1日構成)
セラピストとしての身体の使い方(1日構成)


Comment are closed.