【木曜コラム IAIR × 介護 その19】

「これをやると失敗するADLアプローチ」


どもども。
インストラクター川田のコラムです。
木曜日は最近僕がはまっている、
「介護とリハビリ」に関するお話をお伝えします。

今日は最近、経験した失敗体験をシェアします。
何か、みなさんのお役に立てれば幸いです。

老健にいると、
利用者さんの生活についてのアドバイスを求められるわけです。

この時が専門職として、人として必要とされてる!
と感じられて嬉しい瞬間です。

嬉しいですから、
一生懸命役に立とうと頑張るわけです。
それで、まあ、奇跡が起こって
なんとかその場を取り繕うことができたりするわけです。笑

ここで、大事なのが、
『その日は利用者がたまたま、調子が良かっただけかも』
という可能性が頭に入っているかなのです。

夜勤の時は?
寝起きですぐにできる?
体調不良時は?

現場が求めているの、
実はそういう切実な場面の時なのです。

そこが、アドバイスする側の頭に入っていないと、
失敗することが多くあります。

一回でうまくいって、
セラピスト側だけが、気持ちよくなって、
終わりなってしまうのです。
自己満足だけということでしょう。

つまり、

その場面だけではなく、

【経過を追うということ】が

とても大事になるわけですね。

次の日、一週間後、一か月後。

一回でうまくってもそれで終わりしない。
前回の食事の患者さんで、実感しました。

他職種との関わりの中でも、
もっと相手のニーズを聞くことが必要だと、
僕個人は痛感した出来事でした。

アドバイス、
やりっぱなしになってることありませんか?

…あってもいいと思うんです。
ただ、そこに気付いたときに何かアクションを起こす、
タイミングなんだと僕は思います。
できることから、今日から変えていきましょうね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
認定インストラクタ―川田佳弘
社会福祉法人 尾花沢福祉会 ハイマート福原 理学療法士
施設のFace book始めました!
https://www.facebook.com/heimatfukuhara/?fref=nf
***************
今後の予定
***************
【新人セラピストの為の、解剖・触診セミナー】
日時:4月10日(日)
時間:10:00AM – 16:00PM
対象:理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
定員:24名
講師:大塚久(理学療法士、IAIR認定インストラクター)
受講料:8,532(税込) 返金保証付き

詳細、お申込みはこちら。
http://iairtohoku.jp/seminar/iairseminar/syokushin

 


Comment are closed.