第40回
【明日から使えるベテランPTの
ワンポイントテクニック】

皆さん、こんにちは。
北海道在住IAIR認定インストラクター、
「ジマさん」こと 中嶋 光秀です。

先週は、
【当たり前の基準をあげる】

ということで締めましたが、

今日はその続き。

なぜこんなにも、

【結果の出せるセラピスト】にこだわるのか?


それは、
東北支部長の哲さんや、

同インストラクターの川田さんの投稿
にあるように、

 

リハビリテーション≠機能訓練だから。

 

cropped-1.jpg

特にPTは機能訓練をしたがります。
私もその一人。機能訓練大好きです。

ただ、その先にちゃんと生活が見えているか?
が重要です。

あくまで生活改善のための機能訓練。
歩容も大事、効率の良い動き方も大事。

ただそれが目的になっていませんか?
あなたは毎回踵から歩いてますか?
両足にしっかり荷重をかけて立ち上がりますか?

それを反腹したら生活が良くなりますか?

私達が機能訓練で目指さなければ
ならないのは、


【動きやすい体をいち早く作ること】

 

リハビリ4

動きづらいから、色々な代償を使って、
窮屈に生活をしているのが患者さんです。

身体が動きやすくなれば、自然と動作が
変わります。

動作が変われば、生活における動作の
バリエーションが増えます。

日常生活でのバリエーションが増えれば、
社会にでるチャンスが増えます。


ここまで考えて初めて

リハビリテーション=機能訓練
に近づきます。(あくまでも近づくだけ)

 

そして、機能訓練に時間をかけ過ぎなけ
れば、より多くの時間を生活機能に目を
向けられます。


リハビリの時間は限られています。

私達が関われるのはほんの一時。


患者さんにとっては一生です。


生活に関われるようになるためにも、

腕を磨いて、機能訓練を時短してみませ
んか?

チーム医療

セラピストが機能訓練から卒業できた時

他の視点が必要になります。

他の視点を得るのはいつでもできますが

セラピストである以上は、
「結果を出せ
るのが当たり前」で、
かつ生活を一緒に
考えることができる。

そんな多様性が社会に求められています。

介護保険下では既に生活機能向上という
キーワードで動いています。

病院も近い将来そうなるでしょう。

今の内に「結果の出せるセラピスト」
を目指しませんか?

道

患者さんを家庭に送り返す、社会に
送り返すのがセラピストの役割です。

病院・施設・家・地域・職場、いろんな
場所や立場で関われるように、まずは
基本を高めましょう。

今日はここまで。

最後までお読みいただき有難うございました。

IAIR北海道支部 認定インストラクター 

理学療法士 中嶋 光秀

PS.偉そうに書いてますが、半分自分に
 向けて書いてます(^^;
 16年経ってもまだまだ課題は山積み
 です。それだけ成長できるので
 これからが楽しみです。

*遠慮なくコメントしてくださいね

あなたの悩みや疑問は、皆さんも同じ
はず。共に解決していきましょう‼

セミナー案内
————————————
いよいよ年内最後です。

来年度からまた1からスタートしますが、
待ちきれない方は是非ご参加ください。

<<北海道>>  
◯BASIC1
セラピストの為のtune upセミナー
日時:平成27年11月8日(日)
9:30~15:30
詳細:http://iairjapan.jp/tuneup/
申し込み:https://business.form-mailer.jp/fms/98c414c844989
定員:20名
 
 Tune upセミナーでの体の使い方が、
 ベーシック1・2の精度を高めます‼
 
来年度の予定は決まり次第UPいたします。

北海道では今年度の最後の認定セミナー
ですので皆さまお誘いあわせの上
ご参加ください。待ちしております。

今後も基本、各月第一週の土日を開催日
としていきます。

また、受講料の改訂も行われ、
受講がしやすくなりました。

まとめ払いでの、
セミナー受講も大変お得です。

詳細は、こちらからご覧ください。 
http://iairtohoku.jp/?p=127

それでは、何かご不明な点などあれば、
こちらまでご連絡ください。

↓ ↓ ↓ 

tohoku@iairjapan.jp 
(北海道・東北支部お問い合わせ専用) 

ご不明な点は、遠慮なくご質問ください。 

よろしくお願い致します(^^)


Comment are closed.