オシャレ番長PT武田修二の、
~メンタル&ボディコンディショニングコラム~96

 

 

こんにちは(^^)

 

 

前回のコラムでは
動作観察の際にいきなり動作を見るのではなく、
まず姿勢を評価するようにしましょう
という話をさせて頂きました。

 

 

今回は前回のコラムでも触れているのですが
姿勢をどのように評価すれば
動作との関連性を見出せるのか
背臥位の評価を例に出して話していきたいと思います。

 

 

さっそくですが背臥位の評価方法です。

 

 

ポイントは
①頭頸部、②肩甲帯、③胸郭、④骨盤、⑤下肢、足部
の5つに着目して左右差を確認することです。

 

 

以下にどのように見ると良いか記載します。

 

 

①頭頸部:側屈、回旋のしやすい方向を
頭を持ち上げて動かして確認する

 

 

②肩甲帯:ベッド面への接地具合
(大胸筋などの筋緊張が高いと
肩甲帯が浮いていることもあります)、

 

 

重さを肩甲骨の下にセラピストの両手を入れて確認

 

 

③胸郭:呼吸による膨らみ具合の左右差の確認、
左右から胸郭を押した際の弾力性や
屈曲しやすい方を確認

 

 

④骨盤:ASISから腸骨稜を両手で把持し、
左右へ回旋させ左右差を確認

 

 

⑤下肢、足部:足の向きと股関節の内外旋の
しやすい方向、
足部から下肢を持ち上げた際の重さを確認

 

 

の5つです。

 

 

この方法で左右差を確認できると、
頭頸部、骨盤が回旋しやすい方向、

 

 

肩甲帯がちゃんと接地して
重みを感じる方、
足部がより外側に向いている方に
その人の重心は偏っていることが
確認できます。

 

 

そしてこの身体パターンは座位でも立位でも
同様であり、

 

 

立ち上がりは重心が偏よりやすい方向に
より体重を移動させて行いやすく、
歩行でも一歩目は支持側になりやすいです。

 

 

そして方向転換も重心が偏りやすい方向に
しやすいことが確認できます。

 

 

その他の様々な動きも上記した身体パターンが
ベースとなっていることが多いです。

 

 

そのため背臥位の評価は重要になります。

 

 

何より背臥位の評価は重心を
気にすることがなく、
評価される側も評価する側も楽に行えるので、
この評価方法はオススメです!

 

 

もっと姿勢をみるための基礎を学びたい、
動作への繋げ方が
イマイチわからないという方は、

 

 

来週仙台で以下のような
セミナーがあるので是非ご参加下さい!

 

 

【仙台】姿勢・動作観察の基本とアプローチへの応用
日時:2018年3月17-18日(土日)両日10:00~16:00
定員:30名
会場:東京エレクトロンホール宮城 和室403
受講料:15,000円(税抜き)

それでは、
本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました(*^_^*)

IAIR東北支部 認定インストラクター
理学療法士 武田 修二

********************************
セミナー情報
********************************
【受講するなら会員登録がお得】
・認定講座受講料会員優待(会員29,800円、非会員39,800円)
(※H30年度より適応)
・学会参加の割引(会員は5,000円引き)
・強化学習登録可能(登録料19,800円 登録期限なし)
・オリジナルヨガマット、Tシャツ会員価格で購入可能
・IAIR認定セミナーを会員価格で受講可能(10,000円割引)
・有料動画コンテンツ、DVD、IAIR公式サイトでのコミュニティ参加
※準備中
・セミナーの先行予約
・Bクラス、Aクラスでのディプロマ発行
・IAIR認定国際統合リハビリテーション士(IRT)の受講資格が得られる
・共同研究や学会発表のサポートが受けられる

協会会員登録はコチラ

<仙台>
強化学習のお申込みはこちら↓

<仙台>
◆Bクラスセラピストコース
コースのお申込みはこちら>>>https://iairjapan.jp/iair-course-info
詳しくは

【岩手会場】
「症状別肩疾患セミナー」
開催日:平成30年4月8日(日) 10:00~16:00
会場 :いわて県民情報交流センター アイーナ
講師 :IAIR認定アドバンスインストラクター
申し込み:https://iairjapan.jp/product/shoulder
【姿勢・動作観察の基本とアプローチへの応用】
日時:平成30年3月17、18日(2日間構成)
両日 10:00~16:00
場所:東京エレクトロンホール宮城 和室403
定員:30名
参加資格:PT、OT、ST
詳細と申し込みはこちら↓


Comment are closed.