【老健に務める作業療法士(OT)の方へ】

ブログをお読み頂きありがとうございます。
IAIR東北の代表渡邉哲(PT)です。

このブログを今ご覧頂いているという事は、現時点で、

「OTとして何かしらのお悩みがある」

とお見受けいたします。

さて、次の5つの悩みのうち、
あなたはどれを解消したいですか??

●老健だと担当がたくさんいるし、リハビリの時間が短くて、何していいか分からない…
●利用者さんの痛みや不定愁訴に対して、治療できる自信が全くない…
●いつもアクティビティばかりのリハビリになっている…
他職種の理解が全く得られない…
●そもそもOTの専門性ってなに…??

いかがでしたでしょうか??

どれから解決したいですか??
むしろ、
全部解決したい!なんて人も…。

老健に就職して、
利用者さんの在宅復帰に向けて、
OTとしてリハビリ頑張っていこう!!って、
思っていたあの頃の輝きはどこに行った事やら…。

自分自身を責めないでくださいね。

仕方ないです。
今までにもそういう先輩OTさんはたくさん居ました。

なんとかしなきゃ!

このままじゃダメだ!

…でも、現状は変わる事はありませんでした。
だから今も、ツラい状況のままなのです。

なぜ、この状況から抜け出せないか。

それには、答えがあります。

正しい努力の方向性と

努力の量が足りない

多くは、
努力の方向性が分からないという点です。

とにかく頑張れば、結果が出るという
根性論的なものは通用しません。

ゴールが見えないマラソンほど、
ツラいものはありません。

まずは、

老健OTとして、

どこに向かって、

努力していけば良いのか

ここが、
分からないとこのツラい状況から脱する事は、
難しいのです。

「正しい方向性ってなに??」

という事については、
また明日、お伝えしていきます。

ここまでお読み頂き、
ありがとうございました。

IAIR東北代表 渡邉 哲
========================
国際統合リハビリテーション協会東北支部(IAIR東北)
発行責任者: 渡邉 哲(IRA東北株式会社)
ホームページ:http://iairjapan.jp/
メールアドレス:tohoku@iairjapan.jp
========================


Comment are closed.