こんにちは。
IAIR東北代表の渡邉哲です。

 

 

立春を過ぎたと言うのに、
東北は非常に寒いです!

 

さて、
ご存知の方もいるかと思いますが、

 

今月末26日(日)は、
第52回理学療法士・作業療法士国家試験です!

ちなみに、
言語聴覚士の試験は、18日(土)なんですね。
1週間早い!


みなさんの職場に実習で来た学生さん、

就職内定している学生さんたちには、
頑張ってもらいたいですね^^
今年はどんな傾向になるのか、、、

スクリーンショット 2017-02-09 12.00.37
↑こちらは、平成28年に開催された
「医療従事者の受給に関する検討会」PT協会の副会長の内山靖先生のスライドから引用しております。
→詳細は、こちら(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000122672.pdf)から。

 

僕は、理学療法士なので、PT中心で話を進めさせていただきます。
年間で何人のPTが世に輩出されているか、
グラフを見ると、

合格者は、
ここ5〜6年で約1万人ですね。

養成校に入学している人は、

スクリーンショット 2017-02-09 12.06.08

(↑上記同様、引用しております)

 
平成21年からの数字で見ると、毎年約13,000人です。
(これは、今も変わらないのかな??)

 

みなさんはこの数を見て、
どう感じますか???

 

職場の同期は、
2〜3人から20人くらいいたりと様々かと思いますが、

 
全国でみたら、同期10,000人。

めちゃくちゃ多いですね。。。

となると、

やはり、

 

その中で”生き残る”というか、
研鑽して技術を磨いていく。
ことって、必要になってくるんじゃないかなと思っています。

 

で、そういう方々をサポートするために、
僕らのような教育団体があるんですね。

(と、こっから宣伝に繋げても良いんですが…苦笑。)

 

で、みなさん勉強熱心だと思うんです。
研修会行ったり、セミナー行ったり、教科書読んだり。

 

でも、最近思うこと、

 
セミナーや研修会に行くことだけが、
スキルアップとは限りません。

 

 

もちろん、
上記に書いた事はどれも良いことだと思います。

 
それ以外にも、

 

 

病院や施設以外の、

身体に関するサービスを受けてくること。

 

physio-1778029_640

鍼灸院や接骨院に患者として行ってみたり、
駅ビル内や道路沿いにあるマッサージ店や、
エステのサービスを受けてみることなどなど。

 

 

これも、
一つのスキルアップに繋がると思うんです。

 

 

自分がサービスを受ける側として、
どんな気持ちになるのか、
どんな身体的な感覚を得るのか、

 

そういうことを、
自分自身が体感することって、
めちゃくちゃ大事だと思うんです。

 

 

ことわざで言えば、

「人の振り見て我が振り直せ」

って、ことになると思います。

 

自分がお客さん、患者さんとして、
自分の身体を預けるとしたら、
してもらいたい対応って、
あると思うんです。

 

 

もちろん人それぞれ、
良いと感じることは違うと思いますけど、

 

自分が良いと感じたことは、相手にも感じてもらえるように、
自分が嫌だなと感じたことは、相手には感じてもらわないように。

 

 

自分の身体を通して、
感覚とインプットして、
その感覚を自分の中で統合して、アウトプットしていく。

 

 

そして、
相手の感覚は相手しかわからないので、
聴けばいいんです。

 

 

自分の感覚、主観だけで物事を進めていくと、
トラブルの元ですからね。

 

 

必ず、確認しながら行っていきましょう。

 

そういう経験を重ねていくことで、
いろんな患者さんを触ったときにも、
どのように触れて欲しいか、触れてほしくないのか、
痛みを感じている場所はどこなのか、

 

などなど、
感じられるだけのデータベースが蓄積されてきます。

 

 

新年度から、
また後輩が増えてくると焦る気持ちがある方も多いと思います。

 

ただ、焦るだけなく、
緊張することもなく、
気軽な気持ちで、何かサービスを受けに行ってみるのはどうですか?

 

 

自分自身が気持ちよさを感じる。
それを、
患者さんにも還元していく。

 

いい循環ですね。
ただ気持ちよさを感じるだけでは、ダメですよ。苦笑。

 

 

勉強しなきゃ、セミナー行かなきゃと焦るような人は、
ちょっとそういうスキルアップの仕方にも、
トライしてみてください。

 

何か見えてくるものがあると思います。

 

それでは、
最後までお読み頂きありがとうございました。


IAIR 東北支部代表

認定アドバンスインストラクター 理学療法士 渡邉 哲

======================
<<  お知らせ  >>
======================

◆治療の前に、触診の確実性を上げましょう。

【新人セラピストのための触診セミナー(上下肢編)】

日時:
上肢編 平成29年2月25日(土)14:00〜16:30
下肢編 平成29年2月26日(日)10:00〜16:00

場所:
上肢編 平成29年2月25日(土)ミューかるがくと館 和室(福島県郡山市)
下肢編 平成29年2月26日(日)福島県青少年会館 3階303室(福島県福島市)

講師:大塚 久(理学療法士、IAIR関東認定インストラクター)

受講料:
両日参加 12,960円(税込) 返金保証付き。
上肢編のみ 5,400円(税込)
下肢編のみ 8,640円(税込)

対象:PT・OT・ST
(※ 日本作業療法士会認定「生涯教育単位システム」ポイント付与対象の研修会です)
定員:20名
セミナーお申込み:(会員登録が必要です)
https://iair-member.jp/touhoku/html/products/list?category_id=49

 

◆女性必見!!

【女性のためのしとやかケア~女性のためのセルフケアメソッド 】
HP:http://gracefulcare.iairjapan.jp

※募集中
<女性限定♪生理痛・PMS(月経前症候群)のメカニズムとセルフコンディショニング入門>

日 時:平成29年3月11日(土)
時 間:10時~16時
場 所:元気フィールド仙台 多目的室
講 師:三浦恵 国際統合リハビリテーション協会 しとやかケア認定講師
対 象:女性(職種問わず)
(※ 日本作業療法士会認定「生涯教育単位システム」ポイント付与対象の研修会です)
定 員:30名(先着順)

お申し込み:https://iair-member.jp/kansai/html/products/detail/84

 

◆<札幌開催!>解剖学、運動学の観点から、基礎〜応用と学んで行きます。

【高齢者の膝関節・肩関節の痛みに対するアプローチを学ぶ研修会】

日時:
膝関節 平成29年3月18日(土)10:00〜16:00
肩関節 平成29年3月19日(日)10:00〜16:00

場所:両日 札幌市産業振興センター セミナールーム3
講師:中嶋 光秀(理学療法士、IAIR認定シニアインストラクター)
受講料:
両日参加 16,200円(税込) 返金保証付き。
膝関節のみ 8,640円(税込)
肩関節のみ 8,640円(税込)
対象:PT・OT・ST
(※ 日本作業療法士会認定「生涯教育単位システム」ポイント付与対象の研修会です)
定員:20名
セミナーお申込み:(会員登録が必要です)
https://iair-member.jp/touhoku/html/products/list?category_id=50

 

◆OTとしてできることは、まだまだたくさんあります。

【OTのための起居動作〜ADL再獲得アプローチセミナー】

日 時:平成29年3月26日(日)10:00〜16:00
会 場:仙台市広瀬市民センター 2階和室
講 師:加藤 淳(作業療法士、IAIR関東認定インストラクター)
受講料:8,640円(税込)
対象:OT
(※ 日本作業療法士会認定「生涯教育単位システム」ポイント付与対象の研修会です)
定員:20名
セミナーお申込み:(会員登録が必要です)
https://iair-member.jp/touhoku/html/products/detail/119

 

◆<仙台開催!>解剖学、運動学の観点から、基礎〜応用と学んで行きます。

【高齢者の膝関節の痛みに対するアプローチを学ぶ研修会】

日時: 平成29年4月16日(日)10:00〜16:00
場所:日立システムズホール仙台 研修室2
講師:渡邉 哲(理学療法士、IAIR認定アドバンスインストラクター)
受講料:8,640円(税込)
対象:PT・OT・ST
(※ 日本作業療法士会認定「生涯教育単位システム」ポイント付与対象の研修会です)
定員:30名
セミナーお申込み:(会員登録が必要です)
https://iair-member.jp/touhoku/html/products/detail/120

 


Comment are closed.