こんにちは。
IAIR東北代表の渡邉哲です。

部屋を整理してたら、
就職したての頃の写真や患者さんから頂いた手紙などが出てきて、
懐かしさをしみじみと感じていました。

 

そしたら、
一瞬なはずなのに、
ながーいことタイムスリップしたような感覚へ。

 

僕は、主に、
脳血管疾患の患者さん中心の回復期リハ病棟にいました。

 

主担当は、4〜5人で、
休みのスタッフの代行を含めて、1日7〜8人。
結構、賑やかにやってましたね。

 

その中で、
50代の男性Aさん、会社員の方です。

 

左片麻痺、Br-stage上下肢Ⅴで、表在深部とも感覚障害が重度の方でした。

 

ちょっと小太りくらいなんですが、
回復期に転院してきた当初から、
非麻痺側中心で、動けていたので、
ゴールは、3ヶ月での職場復帰。

 

歩行での早期自立を目標に介入していまいたが、
言葉が適切ではないかもしれないですが、
教科書で見たことあるような、

 

1本杖使用での
「麻痺側の立脚期の反張膝」と「分回し歩行」

 

です。

 

 

感覚障害も重度ではあったので、
その影響も大きくあると思ったんですけど、
麻痺は、分離できるレベルではありますからね。
ただ、麻痺側での支持は十分に行えていなかったですね。

 

ざっくりな表現ですが、危なっかしいのです。。。

 

Aさん曰く、

 

「今まで、歩き方とか考えたことも無いし、
前に進めば足は出てくるだろうからと。」
ごもっともなご意見です。

 

 

しかし、現状では、
長距離歩くと、腰が痛くなってくるという自覚があったので、
麻痺の促通と歩容の改善も目標に。

 

自分の歩いている姿をビデオに撮って、
ご自身で見てもらったり、
鏡に向かって歩いてもらったり。
感覚のフォードバックを重点的に行っていました。

 

それでも、余り変わることなく、
10日くらい過ぎた頃です。

 

ふと、Aさんに

 

「目つぶった状態で、へその位置分かりますか?」

 

と聞いたんです。

ひらめき

そうしたら、
本来のへその位置から非麻痺側(右側)から、
3〜4横指くらいずれた位置を指差しました。

 

 

本人にも驚きがあったようで、
「なんだこれー。」と、
病棟の廊下で笑っていたのを覚えています。

 

 

感覚の評価などが不十分であったなと感じた瞬間でもありましたが、
この気付きはAさんにとって、
大きかったようです。

 

自分のおへそがどこにあるのか?

 

ベッドに横になるときにも、感覚を探していました。

 

おへそという基準となるものから、
今の自分の身体や動きの状態が分かるようになってきたようです。

 

歩行に関しても、
反張膝にはならず、麻痺側での支持ができて、
そのまま分回しせず動けるようになってきていました。

 

そして、

 

非麻痺側での過剰な力みや、
注意障害というかキャラクターというかジッとしていられなかったのも、
落ち着いて来ていました。

 

元々、
武道の世界では、
丹田(へそから下2〜3横指)をしっかりさせることが大事。
とか、
腹(肚)が座っている。腹(肚)を決める。
なんて事もあるくらいです。

 

 

ちょっと話は飛びますが、
東洋医学でいうツボ(経血)では、
へそは「神闕(しんけつ)」という名前で、
神さまの住む宮といわれています。

 

一般には、
ストレスに対してや消化器系や循環器系の働きを、
促通してくれるツボです。

 

試しに患者さんに、聞いてみてください。

 

「へその位置、分かりますか??」
そこから、
何か見えてくるものがあるかもしれません。

 

セラピストとして、自分自身のへそを意識して、
深呼吸するだけでも、

気持ちも身体もリラックスできる感覚がありますので、
そちらもお試しください。

 

それでは、
最後までお読み頂きありがとうございました。


IAIR 東北支部代表

認定アドバンスインストラクター 理学療法士 渡邉 哲

====================
< セミナー情報 >
====================

2017年度のセミナー予定は、以下の通りになります。
主にAクラスを紹介しております。

Aclassコースのお申込みはこちら
https://iair-member.jp/touhoku/html/products/list?category_id=9

<仙台>  ※随時募集始まっております!

2/18 (土) 頭蓋仙骨テクニック1
2/19 (日) 頭蓋仙骨テクニック2
https://iair-member.jp/touhoku/html/products/list?category_id=23

2/25 (土) 上肢の触診セミナー in郡山(午後)
2/26 (日) 下肢の触診セミナーin福島
https://iair-member.jp/touhoku/html/products/list?category_id=49 


3/11 (土) PMSセミナーin仙台(東北初開催!!)
https://iair-member.jp/kansai/html/products/detail/84

(関西支部のページに飛びます)

3/25 (土) 頭蓋仙骨テクニック3
https://iair-member.jp/touhoku/html/products/list?category_id=25 


3/26 (日) OTの為のADL向上セミナー
→準備中

4/15 (土) 内臓アプローチ
https://iair-member.jp/touhoku/html/products/list?category_id=27

4/16(日) 膝疾患セミナー
→準備中


4/22-23 (土日) CCRA座位編(脳卒中アプローチ)
https://iair-member.jp/iairhome/html/products/detail/39

5/20 (土) 新人のための検証作業セミナー
→準備中


5/21 (日) 下肢テクニック1(Bクラス)
→準備中


5/27 (土) 統合医療基礎講座
https://iair-member.jp/touhoku/html/products/list?category_id=28

5/28 (日) Aクラスライセンス検定講座
https://iair-member.jp/touhoku/html/products/list?category_id=28

<札幌> ※随時募集始まっております!

2/4 (土) センタリングセミナー
https://iair-member.jp/touhoku/html/products/list?category_id=21

2/5 (日) 頭蓋仙骨メカニズム
https://iair-member.jp/touhoku/html/products/list?category_id=22


3/4 (土) 頭蓋仙骨テクニック1
3/5 (日) 頭蓋仙骨テクニック2

https://iair-member.jp/touhoku/html/products/list?category_id=23

3/18 (土) 肩疾患セミナー
3/19 (日) 膝疾患セミナー
→準備中


4/8 (土) 頭蓋仙骨テクニック3
https://iair-member.jp/touhoku/html/products/list?category_id=25


4/9 (日) 内臓アプローチ
https://iair-member.jp/touhoku/html/products/list?category_id=27


5/6 (土) 新人セラピストのための評価セミナー
→準備中

5/7 (日) 骨盤テクニック①(Bクラス)
→準備中


5/13 (土) 統合医療基礎講座
https://iair-member.jp/touhoku/html/products/list?category_id=28


5/14 (日) Aクラスライセンス検定講座
https://iair-member.jp/touhoku/html/products/list?category_id=28


Comment are closed.