【腹臥位の大切さ】

こんばんは!
ILPT東北支部長、金曜日コラム担当の高橋広です。
仙台の整形外科のクリニックで慢性的な腰痛や肩関節疾患を担当しています。

うつ伏せ

今回も、最近の患者さんについてのお話です。
今回は腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症と診断されて、
10年以上腰痛が続いている患者さんです。

この方は70代の男性の方で、
10年ほど前から腰から下肢にかけての痛みがでていて、
できればopeはしたくないとのことで、

まで痛み止めやブロック注射、マッサージ、低周波などの治療で
んとか保存で診てきた方です。

Dr.の診断としては、
MRI上L3、4間で椎間板の突出が認められ、
L5で狭窄があるとのこと。opeも薦めている状態。
痛みや神経症状もでていて、部位も画像上の所見と一致する感じ。
「これは流石に厳しいかな・・・」と思ってしまう方でした。

座位でも痛み、しびれがでている状態で、
背 臥位でも症状はあまり変わらず。
側臥位でも少し楽になる程度で、大きな変化はありませんでした。

「どうしようかな・・・」と思いましたが、
姿勢が腰椎屈曲位で伸展制限が強そうな方でしたので、
1度、腹臥位での 状態を確認していきました。

「うつ伏せには何年もなっていない」とのことで
「腰のためには、うつ伏せにはならない方がいい」という思考もあり、
恐怖心もあったため、腹部に 厚めのクッションを入れ、
腹 臥位になるようにしていきました。
このときに、しっかりした説明と同意を得ることが大切ですね。
腹臥位では腰部自体の痛みは強めにあるものの、
訴えていた大腿の痛みと下腿のしびれは消失。
「痛みの中枢化」
という現象です。

クッションなしの腹臥位まではいけましたが、
「さすがに、これ以上の伸展負荷はつらい」とのことだったので、
その日はそれで終了しました。
かなり症状が強い方でも、
腹臥位にするだけで症状が軽減することはよくあります。
腹臥位にするためにいろいろな評価は必要ですが、
しっかり説明して、同意を得てから、
クッションを入れたりして負荷を調整しつつ行うことで、
患者さんに変化をだせるかもしれません。

是非、臨床でも試してみてくださいね。(特に腰が痛い人)

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

高橋 広

追伸:IAIRテクニックを体験してみませんか?

【臨床で確実に結果の出せるIAIRテクニック体験セミナー】
日時:平成27年2月8日(日)
時間:10〜15時
場所:仙台市内で調整中
申し込み:http://iairjapan.jp/ai1ec_event/臨床で確実に結果が出せるiraテクニック-アソート-12/?instance_id


Comment are closed.